人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

読むべきブログ

ある愛読しているバーを経営している社長ブログの考察。

常日頃考えていることが、上手な文章にまとまっていたので、我が社の社員には一読して欲しい。

大切なものは何か?

大切なモノこそ、身近にあるはず。(あれ!?なんか どっかでよく聞くフレーズだよね^^ 歌の歌詞によく使われます)

我々は、生き残る術は「あたりまえ」にあり。

難しい経営手法も、数値管理も、大胆なアイデアも そんなの二の次です!

挨拶が出来ること。 いい笑顔であること。 清掃が行き届いていること。 そして スパッと切れる包丁を使うこと☆

そんな「あたりまえ」所業こそ、お店に命を吹き込むはずだ!

今日は、営業時間前に外階段を黙々と掃除をしている店長が目に入り、彼の本気を感じました!

こんなことが、あたりまえに出来る企業は 絶対数で言えば少ない。

「あたりまえ」が完璧に出来れば、それは絶大な武器となる。

今も昔も変わらぬ、商売の真髄だ。 時代の本質は何も変わっていませんね☆

時流のベクトルが360°存在することを我々は忘れてはいけない。



~~~~~以下 そのまま転記~~~~~~~

グローバルダイニングっていまさらながらすごいなって。

往年のブランドイメージが無くなり、巨象化した現在に至っても、

ちゃんと現場にまで「らしさ」が残っていることに、企業文化を感じます。



消費者ニーズの多様化と変遷のスピードアップに、

迅速に対応することで、発展を続けるタイプの飲食企業は、

10年後にも同様の繁栄があるものなんでしょうか。

看板の挿げ替えによる、表面的な多業態運営という

根本的なシステム自体に危うさはないのかな。



店名や業態、内装や商材を変えても、

現場に足りないものが存在し続けるわけで。



発展や拡大の中で、誰もが悩むべきところを

見るべき人が見れば、無視してる状態に過ぎないのに、

何もしてないことが、さも素晴らしい解決策としているような。



経営者という立ち位置から生まれる思い込みが、

飲食人として感じる違和感を凌駕しない自分でいられますように
by boaboa16 | 2009-04-12 02:43 | 仕事