人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

運命とは不平等なり。そして我々の地は不感症なり。

最終日も、夜明け前から遺跡を巡る。
e0069433_11435158.jpg


まさしく「百聞は一見に如かず」とはこの事だ。

イメージとは恐ろしいものだ。 

机上の学習も大切だが、体感することに及ばない。

そして私は、どんなに苦しくても「体感」することが出来る社風を絶対に残そうと心に誓った。

我が社の人間(大きく言えば日本人)は、人として生きる上で、全員がチャンスを手にしていることは間違いない。

「ジングルベル」のワンフレーズ。
e0069433_11441675.jpg


「ジングルベ~ル、ジングルベ~ル、鈴が鳴るぅ~」を「ワンダラ~(1ドル) ワンダラ~ ワンワンダァ~ラ~」と無邪気に笑いながら歌い、世界遺産が遊び場である子供達を見て確信した。

運命とは悲しいかな。 不平等である。

我々は、現代日本に生まれたという事実こそが宝くじの一等当選なのだ。

この高額当選金を有効に生かすのか、はたまた 俗に言われるように高額当選で身を滅ぼすのか?

いや、事実はきっと、こうなのだろう。

帰国し街を歩いてみて分かった。

この地で暮らしている限り「幸せ」を実感することが如何に難しいことか。

言わば、宝くじの一等当選に気付かず タンスの肥やしになっている当選券を持っているに等しい状態なのだ。

それこそ、日本人のかなりの割合がそうではなかろうか?

毒舌で言えば、新型インフルエンザの発生時にマスクをヒステリックに着用して、今現在はマスクをしない人間の割合に等しいに違いない。

しかしこの事実は、これ以上、これ以下でもない。

天は人の上に人を作り、人の下に人を作るのだから。

今ある自分のチャンスに気付いた人間だけが、何かを見つけることが出来る。
e0069433_1145161.jpg


灯台下暗し。アーメン。
by boaboa16 | 2009-09-19 11:39 | 日常の一コマ