人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

井の中の蛙になるな

兎角、人間は皆 井の中の蛙である

むろん この私も

「井の中の蛙 大海を知らず」

普段の人間の行動範囲は、よっぽどの事がない限り 決まった行動範囲で収まっている

意識的に自身の殻の「外」へ出ないければ、体感できる刺激はかなり少ないのではなかろうか?

飲食人が大海を知るには、外食をするのは当然のこと

異業種について率先して知る必要がある

なぜなら、お客様のそのほとんどは異業種だからである

だからこそ、旅や異業種セミナー、そして人気遊戯施設を知ることが大切なのである

実は これこそが 飲食企業が永続すること念頭におけば、至極当然。「あたりまえ」のことなのだ
(この点においても DDさんの行動の早さには、唖然。)

また友人・知人の繋がりにしても然り

出来れば 同業者との繋がりよりも 異業種の人間との繋がりが大切なことは言わずもがな

また、井の中の蛙に陥れば、きっと自分自身の限界値も 実力よりも低く設定してしまう恐れがある

スポーツの世界で例えれば、必ずトップアスリートは、トレーナーやトップ選手の集まる施設でトレーニングを行う

そうすることによって、より高いモチベーションを得られ、より高い目標を設定出来るからである
(先日、自分自身も体感。私のフィジカル限界はまだまだ上にありそうです 笑 )
我々の業界も同様

他社を見ずに、己のみの分析を行えば いくら冷静に分析しても 自ずと目標値が低くなる

これは大きな見方をすれば 日本国内にだけ目を向けていても同様である

企業であるならば、世界進出などの考えがなくても 世界情勢(全体)を見て 方向性を考えねばならない

例えば、我々も沖縄出店に苦労をしたが、海外(北米)での出店に比べれば 鼻糞程度の苦労のようだ
(もちろん、大変なのだが)

そう 様々な角度から 自己のポジションを分析すれば「まだまだ」努力が足りないことが、身に染みて理解できる

少なくとも我々は、ここ日本で しかも東京のど真ん中で 既に商売が成り立っている時点で 大きなアドバンテージを持ち合わせている

健康に良いのかもしれないが 長く長く ぬるま湯に使っていては 肌がふやけて感覚が麻痺してしまうようだ

そろそろ 冷水と熱湯の風呂に入って 目を覚まさねばならない

さぁ あなたなら 冷水と熱湯 どちらへ飛び込みますか?
by boaboa16 | 2009-10-19 19:02 | 仕事