人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

◇転職活動に有利なパソコンスキルとは?

◇転職活動に有利なパソコンスキルとは?
グローバル化時代の転職活動に欠かせない2大スキルは、英語力とパソコン能力と言われています。英語力に関してはTOEICで700点以上、できれば800点あれば語学スキルとして、より有利な転職活動が展開できることを第2号の本欄で取り上げましたが、今回はパソコン能力を取り上げます。

一般論としてパソコンを使う上で資格の有無は、あまり重要なことではありません。現に独学で極めて高度なテクニックを習得し、活躍している人々は皆さんの回りにも数え切れないほどおられることでしょう。しかし、転職活動という競合する環境の中では、皆さんがいくら有能な人材であっても、職務経歴書等に記載する資格が何もなければ、書類審査で不利になる可能性は高くなります。需要と供給のマッチングが試みられる転職市場では、資格は努力の証であり、実力の証とも見なされます。パソコンの資格についても近年、多種多様な試験が実施されており、受験者のニーズに応じた資格が授与されています。初級・一般ビジネス対応の主な試験としては次のようなものがあります。

能力開発協会・コンピュータサービス技能評価試験
⇒http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/sinsa_comp/comp.html
日商・ビジネスコンピューティング検定試験
⇒http://www.kentei.ne.jp/busicom/index.html
MOUS(マイクロソフト・オフィスユーザー・スペシャリスト)試験
⇒http://mous.odyssey-com.co.jp/w_mous/gaiyou.html
パソコン検定委員会・パソコン検定(通称:P検)
⇒http://www.pken.com/
全日本情報学習振興協会・パソコン技能検定2種試験
⇒http://www.joho-gakushu.or.jp

一般企業や個人ユーザーで幅広く利用されているアプリケーションソフトのExcelやWord等の利用能力を証明する資格として注目されているのがMOUS試験です。合格者には世界共通の合格認定書が贈られ、パソコン実務能力の証として一般企業でも認知されつつあります。高度なPC技術職を除き、一般ビジネス向けの転職活動に有利なパソコンスキルとしては、このMOUS試験の「Word2000一般」と「Excel2000一般」、更にはそれらの「上級」の各資格を取得しておきたいものです。より高度なコンピュータや情報システム関連の技術者向けの認定技術資格制度としては「MCP試験」等があります。
by boaboa16 | 2005-09-29 00:23 | 気になるニュース