人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

最高の成果を残すには理由がある

本日 ある店長から休業予定日をオープンする旨を伝えられた。

この意気込みこそ、最高の成果を残すために大切な「気持ち」だ。

普通の人間は、自主的になかなか営業時間を延ばしたり、休業日を無休にしたりすることはない。

たいていの場合は、社長なり上司なりの助言や業務命令があって行動するものだ。

この「自主性のアルナシ」が、その本人にとってどれだけ良い影響を及ぼすか図りしれない。

これは私の経験だけではなく、我が社の歴史や他社の動向を見ても 間違いなく自主的な精進や努力をする人間は大きく羽ばたいている。

そして、間違いなく我々の業界で言えば 限りなく経営者の心持ちに近いはずだ。

この境地に自主的に達した人間は、いずれ独立して成功するはずです。

重要なのは、まだ誰かに雇われている時点で この境地に達しているということである。

誰でも身銭を削ってお店を持てば、少なからずケチになり 何事にもシビアになる。

そういう立場の人間が、休みを返上したり 我武者羅に働くことは「あたりまえ」なのである。

しかし、まだ誰かに甘えられる段階で経営者ライクな心持ちになれたなら、それは本当に「素晴らしい」ことなのだ。

これだけは、私(経営者)がいくら伝えようが、自己啓発本を支給しようが なかなか感じ入るものではない。

そして、きっとこんな心持ちになれた人間は、その時からより良き人生のスタートを切れるはずだ。

かつて私も、まだまだ人に甘えられた時代。周囲の反対を押しきって2人で休日営業をしたことがある。

その時は、お客様に迷惑を掛けたことは否めないが、結果として その時から我が社の躍進が大きく始まった。

今でもそんな経験は、私自身の自信でもあり誇りでもある。

これは武勇伝などではなく、自分自身の心持の問題である。(こういう経営者の話はよく耳にすると思いますが、これこそ商売の真髄の一端ではないでしょうか?)

経験により自分を信じられる力を身に付ければ、きっと仕事に大きな幅が出る。

すると、また何かが動き始める。

そう自分自身の努力する心にこそ、自分自身にチャンスを与える力があるはずなのだ。

努力は人の為ならず。
by boaboa16 | 2009-12-27 20:19 | 仕事