人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

外国人雇用問題

私は半分、外国人の血が流れているので 恐れずに言えますが、はやり外国人採用には 特に大陸系の人採用には細心の注意が必要だと思われます。

我が社も例に漏れず、放射能問題で数人の外国人スタッフが帰国してしまいましたが はやり大陸系の方がメインです。

それ以外の国の方は、逆に我が社の助けになってくれています。

半分外国人なので、遠慮なく言いますが 

「外国人採用は積極的であれ!しかし 国は考えるべし!飲食業は特に島国にマッチした国の方とタッグを組なさい」

これが結論。

後付解説ではなく、今回の震災で以前から感じたことを確信出来て良かった。

先月~今月は、輪郭がおぼろげな経営ノウハウの部分が「確信」になる場面が多くあり、自分も良い歳になったと痛感する毎日です(いわゆるオッサンになったってことですね笑)

最後に、私(我が社)は今も昔も旧ビルマの方には、一生 頭が上がりません。

彼らの存在なしに、我が社の存在はないのも同じですから。

早く彼らの国の国政が正常化して欲しいと切に願います。




~~~~以下 ニュース転記、余談:際コーポレーションは大変そうだ。。。。。~~~~~


牛丼大手の吉野家で、東日本大震災後の約1週間に、首都圏で勤務する外国人アルバイトの4分の1に当たる約200人が退職していたことが14日分かった。安部修仁社長が同日の決算発表会見で明らかにした。退職者の多くは、余震や原発事故の影響を避けるために帰国したとみられる。
 アルバイト不足に陥った同社は、社員らを店舗に派遣。被災店舗の休業や計画停電による営業時間短縮にもかかわらず、3月の既存店売上高は前年同月比0.8%増を確保した。併せて、アルバイトの新規採用を進め、「現在は円滑に営業できている」(安部社長)という。
by boaboa16 | 2011-04-15 06:33 | 仕事