人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

hora ! yappari!

「ほらね。やっぱりね。」

お店で何か問題が起きた時に、お客様からこんな感想を持たれたら そのお店は失格だと感じています。

例えば、キッチン内の帽子着用について。

確かに3ツ星レストランでも、帽子着用をしていないところもあります。

でも、料理に髪の毛が混入して、キッチン内で帽子着用していないことが分かったら、お客様は「ほら!やっぱり!」って感じます。

例のおせち事件でも、この類の関係で結構攻められていました。

当然といえば当然の報い。

私はどんなルールやマナーにも、きっと意味(理由)があると考えています。

ならば伝統なり、基本なりを踏まえることは、意味深いものがあり 間違えを起こす可能性を低くするプロセスでもあると感じています。

結局、未熟者はスタンダードをマスターすることが、まずは第一優先であり 格好を付けることは二の次のはずです。

これも、「心整わずして、形崩すべからず」の教えに等しい。

「言い訳くん」「言い訳さん」は、まずは基本や決まり事がきちんと守れたか 自問自答してから、何かを考えるようにすべきではないでしょうか?

まぁ上司が正論だけで物事を通すと パワーハラスメントなんて云われかねないので、ほどほどにすることも大切なのですがね。
by boaboa16 | 2011-08-20 09:58 | 仕事