人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

社風の浸透度合

本年の私の業務目標に「社風の浸透」という命題がある。

この目標の達成度を数値化することは難しい。

ただ確認する手段は、いろいろ持ち合わせてはいる。 

そんな中で、嬉しいメールが届いた。

~~~~~以下 K田店長のメール~~~~


昨日今日と今の東京エリアの会社の強みに感嘆しました。今回急なヘルプ要請にも拘わらずカバーできる会社形態、
誰かが一声掛ければ皆で協力して問題解決、即実行してくれる仲間が沢山います。以前はここまでパイプは強くなかったと思います。一人一人が同じ方向を向いてます、正に大船、ありがとうございますm(__)m

~~~~~~~~~~~~~~~

我が社は、全店舗、全責任者に それぞれの裁量権を委ねている。

しかし、それは個店や個人が優先されるという意味合いではない。

全員が同じ方向を向いてこそ、最良のパフォーマンスを発揮する。

東京エリア、沖縄エリアともに人事異動後の店舗パフォーマンスは、全体バランスでは過去最高だと思います。(当然、数字面も。)

スタートラインに全員がつけた感じです。

これでやっと、来年の構想を実現出来る目処が付きそうです。

店舗拡大は、昔も今も考えていませんが 必要な成長ならば それを止めるつもりもありません。

わが社は来年も地味に成長できそうです。。。カメの歩みですがね。。。

決して忘れてはならないこと。

「情けは人の為ならず」、むろん「情けは自分自身の為である」。

今年も全社員で社員旅行へ行っても、お店オープンできるように努力をしようね♪
(たぶん、この規模でそんなことが出来るのは、我が社だけじゃないでしょうか?)

以下 blogにも数回掲載しておりますが、我が社の考え。

e0069433_9114456.png


〇我が社は「ヨットです」 そして私はただの「スキッパー」です。

ということは、私がどんなに方向性を打ち出しても みんなが同じ方向を向いてくれないと 全く推進力が生まれません。少なくとも、間逆のベクトル(この場合は考え方)が一人でも居たとしたら 我が社は全く進みません。(成果は現れません) もちろん、人間は全員が全員100%同じ考え方ということはありません。 しかし仕事に於いては まず、自身の思考とは別に、行動の方向性(ポーズ)だけ合わせてもらわねばなりません。
まずは、とりあえず帆の向きだけ合わせてみてください。
みんなの帆の向きがぴったり合ったときに、私の舵を切った方向(打ち出した方向性)が正しかったのか、否か。 その答えが出ると思います。 もし、正しくないのであれば 必ず訂正いたします。 しかし今はまだ、その結果が出る前段階です。 我が社は「ヨット」です。

具体的に言えば、徹底事項3点。 
これを全員で、同じ方向性で同じレベルで行ってください。また、全員スタッフに伝達徹底してみてください。
決して難しいレベルの指示ではありません。 そして、その心中とは別でも構いません。
まずは「形」が大切です。 
「行動徹底すれば、いずれ心に達する。」 私の教育信念です。(社員は教育者であるべきです)
繰り返しますが、我が社は「ヨット」です。
大手企業のような「大型客船」ではありません。「大型客船」は船長の一言でボタン一つを押せば、デジタル制御で とりあえずは推進力や方向を定めることが出来ます。 しかし、「ヨット」はチームワークが推進力の原動力です。 一人の怠慢や、一人の指示の無視が大きなダメージとなります。 
逆に 皆が同じ帆の向きを合わせ、私の舵取りが正しければ 飛躍的な推進力が生まれるはずです。
皆で力を合わせましょう。
by boaboa16 | 2012-03-31 09:33 | 仕事