飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

すぐやる②

近頃の運動会は春が定番らしい。

なんでも秋だと、昨今の暑い陽気で熱中症になる子供や親が続出するかららしい。

学校運営は、大変です。

教育はあらゆる面の考慮するからこそ、教育でもあります。

教育が、大変のは当然なのです。

そこで「すぐやる」の考察。

運動会つながりで、昔 健脚を誇っていたパパさんが保護者リレーなどで転ぶシーンをご存知だと思います。

脳と体が一致しない現象です。

「すぐやる」もコレに同様だと思います。

普段、すぐやらない人間にとって「すぐやる」は長続き出来ません。

また「すぐやる」≒「継続」であったりします。

たぶん「すぐやる」人間は、何事も継続できると思います。

では、どうすれば良いのか? 答えは簡単です。
e0069433_14959.jpg


学校教育は、素晴らしいと思います。

答えは「強制」です。 

検証はしていませんが、今 小学生と、その保護者を同時に徒競走をさせてみます。

間違いなく、保護者が転ぶ確立が高く、たった1回の徒競走ですら筋肉痛になる方が多数でしょう。

たとえ週に数時間であっても「体育」を定期的に行っている子供の方が運動能力が高いはずです。

学校のカリュキュラムは「強制」です。 しかし、それは子供の将来を考えた「強制」でもあります。

子供に「強制」が必要で、大人に「強制」が必要ではない。という理屈や理論があるならば、私は教えて欲しい。

あるイケイケ社長がここ最近のブログに、「社員教育とは成功体験」「自分で考えろ」などと書いていましたが、果たして それが万人に通用するセオリーでしょうか?

私個人の意見はNoです。

自分自身の意思で、行動し結果を残せる人間は、そこそこのキャリアを積めば、この業界ならば独立、もしくは(上場)企業の幹部になっているはずです。

冷たい言い方になりますが、我々の業界の社会的地位は未だに底辺に近い。

その業界に、生まれ持って優秀な人間が参入してくること自体が ごく稀なのである。

しかし、これはある大きな意味チャンスでもあります。

全員、どんぐりの背比べ。 目くそ鼻くそである。 

全員にチャンスがあると言っても過言ではない。 

現に、くそ凡人な私自身が、この会社を大きく成長させ続けることが出来ている。(規模は小さいですが。。。)

私のスキーの友人には、ソ〇ーや東京三菱U〇Jや鹿〇建設に勤務する方々がいる。

我々の業界、少なくとも我が社の人間が、この企業に間違って入社出来ても、途中でリタイヤするのがオチである。

しかし我々の業界は、我が社の社員たちであっても、一種の成功を為し得るチャンスがある。そう絶対にある。

これは、非常に魅力的な業界と言っても過言ではない。

そして、我々凡人の成功の必須キーワードは、「すぐやる」これに尽きる。

だから、私はあらゆる手段を講じて「すぐやらせる」。

これは私からの愛のメッセージ。

「すぐやる」=「未来への成功」 

言うだけ番長もアレなんで、沖縄、札幌に引き続き、次がハワイへ。言ったらすぐやります!

最後に、、、、成功を掴むためには、「ゆとり」の時間は週に1度で十分なはずだ。
(成功を掴みたいと願う「ある一定期間」は、ある種の犠牲が必要)
[PR]
by boaboa16 | 2012-06-11 01:49 | 仕事