人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

正月くらいって?

正月くらい休みたい。。。。むしろ、休ませろ。。。。いや、休まない奴はアホ。。。。と思っている日本人は、かなりの割合でいると思います。
※スーパーの正月営業に関する顧客アンケート。

私は自由だと思います。

休みたい人もいれば、正月など どうでも良いも思っている人もいる。

私の感覚は365日同じ。

むしろ みんなが休みの日に休みたくない。

混んでる、高い、、、、、、う~~~ん、何か利点があれば良いですけど、何の利点も感じられない(笑)

我が社も一時期、元旦のみ休みにした時期が数年ありました。

結果、、、、自主的にオープンする店舗が出てきた。 で、アンケートを取ったら半数以上が どちらでも良いの答え。

そこで確信しました。 これが我々の「宿命」。 みんなに気が付かされました。

やはり 稼げるときに稼ぐのがサービス業。

みんなが休んでいる時に働き、みんなが働いているときに休む。 これで良いんです。

だって 薄給の飲食業。

どうせ 盆や正月に休みがあっても、どこにも行けないでしょ?(帰省は除く)

e0069433_0493267.jpg


稼げるときに稼ぐ。 お客様のニーズがある時に働く。「あたりまえ」の答えだった。

「正月ぐらい」休めばいいじゃん。。。。 ちなみに「正月」って、何?(笑)

調べても「新暦」の正月には、さほどの意味合いがなく、諸外国で年始年末を休む国は ほぼ日本だけ。
※本当に意味があるのは「旧暦」なんです。

正月休みの発祥は「官庁が休むから慣習で、、、」 

おいおい お役所に右に習え、、、ってダサい(笑)

語弊を恐れずに言えば「お役所が休むから、私も休む!」 = なんだ?それ?


とは言え、日本人の中は「正月を休まない」=「悪」と解する人もいるから仕方がありません。 

もし飲食業でも、正月休みたい人は、正月休める会社を選べばいい。

もちろん、日本人の大半が休日を取る正月期間は、お店をオープンしても激暇な地域があります。

そんなエリアでは我が社の店舗もお休みです。

ともあれ、サービス業の本質を考えれば 我々は365日関係なくお店をオープンすることが「あたりまえ」

分かりやすい例を挙げれば、

ホテルさんやTDLさんが年始年末やお盆に休館休園になったら みんなはどう言うのかな?(笑)

たぶん答えはひとつ「あり得ね~~~」でしょ?

だって「お客様を楽しませる」のがサービス業ですもの。

お客様がい~~~ぱい居る時に働く、普通だよね?

「~~くらい」って思ったらアウト!

「1円を笑う者は、1円になく。正月を笑う者は、、、、、」



とは言うものの、お正月しか休めない業界の方、個店の飲食店の方が 正月休みを取ることには 至極当然だとも思っております。

要するにケースバイーケース。 もう そろそろ「横並びニッポン」から、いい加減脱却しよう!

もとい、日本人の宗教観は軽薄だから もう横並びする必要なんてないんです。 
by boaboa16 | 2013-01-01 00:49 | 仕事