人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

ブラック企業とか、ホワイト企業とか それは あなた自身が決めること

ワタミの労災裁判。

確かに事実だけを直視すれば、ワタミが120%の悪である。

しかし、ここは日本である。

アパルトヘイト時代の南アフリカでもなければ、北朝鮮でもない。

世界でこれほど、本当に「平等」と「自由」がある国はないと思う。

極論として「現実は拒否できない職場環境が存在するんだよ!」って意見もあるが、逆に言えば、100人が100人納得できる世界が存在するのだろうか?

答えは100%、Noである。

冷たい言い方になるが、人も動物である。 大なり小なり「弱肉強食」の世界である。

万人を救い、幸せにできる世界などない。

繰り返しになるが、日本は 世界で稀にみる平等と自由がある。

この国以上の「社会」を求めることは幻想に過ぎない。

もし疑問に思う人がいれば、世界を歩くことをお勧めする。

貴方の価値観は一掃されるに違いない。

と書き連ねたが、ワタミの実態は、、、ひどいね。

特に、ボランティアって何だろう?

私が一番嫌いなことは、社員に「強要する」時間外労働。

私自身の企業の「善悪」の判断基準は「強要」の有無。

これがブラックかホワイトの線引きだと考えています。

休みを自由に取れるか否か。

長時間働きたいのか否か。

すぐに退職できるか否か。

全く勤務時間に反映されない業務の有無。
(ちなみに我が社の場合、社員ミーティング、店舗ミーティングが月に1回1時間と責任者のシフト管理とメニュー管理は、社員給与の基本給内業務。※沖縄は農作業2回。これ以外の必要業務は全て、給与が発生致します)

と、半分 理想論的なことを書きましたが、実社会では上記のことですら実現できない企業が普通です。

私個人は、これが実現出来ていなくても悪いとは思いません。

一般論で言われるホワイトな企業だって、日本に何%存在するのでしょうか?

メディアは、正確な情報(事実)をまず報道する義務があると思います。

ブラックとホワイトかと、そんな第三者の評価基準は関係なく、働く者自身がブラックと考えるかホワイトと捉えるか、そんな価値観であれば良いはずなのです。

※余談、、、我が社は、一般論で云うとめっちゃホワイトなはずです。
by boaboa16 | 2013-12-09 19:00 | 仕事