人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

凡人がプロの飲食人になる気構え

凡人=約6割の人間が、プロの飲食人になるには どうしたら良いのでしょうか?
e0069433_8332812.jpg


私は、まずは変化を恐れないことだと考える。

これは日本人の特性の一つでもあるが、私が知る限り諸外国の人間より かなり保守的な考え方を持つのが日本人である。

これは島国である故でもあるので仕方がない。

しかし進化論から考察すれば、変化を出来ない種族に永続はない。

ちなみに、老舗の企業は本質を残しながらも 常に進化を続けている。

そもそも、進化を出来ない企業は 消えてしまっているので当然なわけですが。

人は往々として、自分たちより若い世代の文化や流行を否定しやすい。

しかし、それに理解、順応出来てこそ飲食業は生き残れるはずだ。

それは何故か?

同一店舗のターゲットお客様の年齢層は常に一定であるからだ。

なのに経営者、また現場の人間の思考が老い続ければ、、、そのギャップは年々広がる。

この単純とも思える事実を、たぶんほとんどの方は理解していない。

いや、理解できている店は繁栄を続け、理解できない店が衰退し消え去るのだ。

この話のまとめに難しくなったので、簡単に締めくくれば 若者をターゲットにしている店舗の人間が若者世代の流行を理解できないようでは、「もう貴方に未来なし」の烙印をお客様から押されるしかないのである。

私はテレビを見ないので、そんな流行知りません。

私は音楽を聴かないので、そんな流行知りません。

私は機械に疎いので、そんな機械使いたくありません。

こんなことを自慢げにいう事は、飲食人としては失格である。

全てをウエルカム、あとはチャレンジ、その後 考えましょう。

やってもないことに、色々言うようになったら、もう それは イケてないオジサン、オバサンです。
by boaboa16 | 2014-10-01 22:32 | 仕事