人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

武勇伝

「女にモテるテクニック」みたいなノウハウ本が、その昔流行りました。

「ノウハウ本」、、、、今となっては、笑えますね。

と言っても現代人は、さらに「ノウハウ」好き。

いやアジア圏の経済発展国の人の多くは「ノウハウ」好きだったりします。

そんな「部下や女性に、モテるテクニック」に必ずと言って良いほど書いてある一つに。。。。

「武勇伝は話すな!」があると思います。

皆様も一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?

私もつい最近まで「武勇伝を話す奴はダサい」って思っていました。

しかし最近は違います。

ここで誤解のないように一つ。

武勇伝と言っても「昔、俺はケンカが強かった」とか「昔、俺は勉強が出来た」とか、、、そんな抽象的な たぶん美化(笑)された話は除きます。
e0069433_05272629.jpg



たいてい人は過去の記憶を美化したり誇張したりしてしまうものです。

私の言う武勇伝とは「事実」「結果」「成績」「実績」のみ。


話を戻して、なんで「武勇伝を話伝えることが良いか!?」と言えば。。。

教育の第一段階。

やはり人間形成の第一段階では、親の影響が大半を占めるはずですが、そもそも その幼少期の教育自体が「親が良いと思っていることの実践」言い換えれば「人生の武勇の再現」ではないのでしょうか?
※ちなみに自身に武勇伝がない方には「自身の真逆の生き方教育」をされる方もいますね。これを「武勇への憧れ症候群」と位置付けます。

かなり話は飛躍していますが、私はそうだと最近考えています。※きっとオリジナルな考察(この考えは無断転記不可 笑)

自分自身のことを考えると、私は腑に落ちます。

恥ずかしいので書きませんが、今の仕事のスタンスも親の影響は強いかな?と。

で確信になった事例は「本」、、、「ハウツー本」(笑)

「俺、ハウツー本なんて絶対読まないし!」なんて人もいるでしょうが、それはそれ。

世の中「ハウツー本」だらけだと思いませんか?

例えば「〇〇のルール50」とか「稲村〇〇さんの本」「要約シリーズ」「名言!松下幸〇助」とか全て「ハウツー本」です。ちなみに「漫画」の多くも、作者の武勇理想を体現した表現法だと考えています。

要は「成功者」たちの「武勇伝」。

結局、みんな武勇伝が好きで、武勇伝に影響されている。

これは、きっと幼少期から無意識に、、、いや、きっと動物的本能的に。

遺伝子レベルで「良い経験談」を取り込む、、、これが人間なのだと思います。

「真似るのがダサい!」と声高らかに唱える人の行動を見ても、私はたいてい「え?それって昔から、、、あるのだけど、、、」的に思ってしまします。

「無知の知」を知らねば。

きっと、人は無意識化で全てのものに影響を受けている。

極論で言えば、人は真似をする生き物。

そう結論付けてしまえば、武勇伝を伝えることは、成功への近道の一つになる可能性が高い。

そんな風に最近は考えるようになりました。

武勇伝(事実のみ)。

皆さんも、恥ずかしがらずに口にしませんか?

一つだけ注意点。

「自慢げ」に話すのはアウトだと思います。

あくまでも「さらりと」、、、、笑。  
by boaboa16 | 2015-09-28 04:25 | 仕事