飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

震災直後は必ず叩かれる「パチンコ屋」「飲み屋」。

震災直後は必ず叩かれる「パチンコ屋」「飲み屋」。
e0069433_01081671.jpg

3.11では、我が業界も漏れなく叩かれたので「夕食」「夜食」「持ち帰り」を謳い文句に営業をしました。
※特に「電気」の使用に対して。

もちろん、飲酒自体の需要は激減ですので、そうするしかなかった現実もあったのですが。

この世の中の「必要」「不必要」論は、甚だ疑問です。

それぞれには、それぞれの生活があり、それぞれの守るべきものがある。

仕事の優劣、必要、不必要など、第三者が決めることではなく、消費者が決めることだ。

利用する人間がいないなら、不必要。
利用する人間がいるなら、必要。

こんな単純な問題のはずだ。

自分のオフィスでの業務や営業外回りが必要で、
パチンコ屋、飲み屋を戦犯扱いする人間は差別主義者だ、、、、あ!これはホモ・サピエンスの本能でした。

もちろん自分の自宅が停電で、目の前でギラギラ営業しているパチンコ屋があったならば、それは腹立たしいでしょう。

でも、それはパチンコ屋の問題ではない。
そして、例えパチンコ屋が営業してもしなくても電力供給には実質的には関係がないはずだ。

と言う私も「パチンコ屋が営業中」の報告に、、、、え!!!営業するんだ、、、この全国民が総批評家時代に凄い度胸だなぁと、ある意味 感心致しました。

そんな我が社のスタッフは、私の指示なしに「炊き出し」をしてくれたようで
e0069433_01125009.jpg
大盛況だったようです。(報告もらいました)

もちろん卑しい気持ちなどゼロ!我が社のスタッフは尊敬に値 致します!
この時だって、我が店舗は停電中。

社員の「道民愛」「助け愛」には、誇らしいです。

また店長は、深夜の地震発生時に自ら 店舗確認。
仕事愛なのでしょうか?涙が出てきます!

そんな誇らしい社員達がいると、私も更に頑張らねば!と勇気をもらえます。

ピンチはチャンス!

地震によって、失うモノもあれば、得られるモノもある。

全ては表裏一体。

我が社は、この業界で常に誰かに「必要」とされる存在でありたい。
それが我が社の価値であり、それが永続する理由なのだ。

[PR]
by boaboa16 | 2018-09-08 00:58