飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

やはり「我武者羅」って必要

我が社では数年前に「我武者羅」をテーマに営業目標を定めた年がありました。

しかし時代の潮流に流されて、私のトーンも穏やかにオブラートに包んでいたのですが、根底にある私の経営信念は

「我武者羅」「根性」「やる一択!」
※過去のブログ参照

これに一切ブレは ありません。

そして、飲食業界で成功者を言われる3~4割(実感として)の方は、創業時や代替わりした継承時には、みんな数年間「死に物狂い」で働いていた時期があったようです。

例えば 飲食大企業で、その中でも若手No1と言われるサブライムの社長も、ことある度に「屋台武勇伝」をブログに書かれますが、これは美談でも自慢話でもなく、私は真実・本質だと感じます。

久しぶりに、そんな「屋台武勇伝」がブログにアップされていたので、勝手に転記しておきます。

何かを成し遂げたい人は、一度は我武者羅に行きましょう!
丁度今年は、猪年です。

以下勝手に転記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年末に社員向けに送ったメッセージです。


転用します笑


12月も最終日です。今年も本当にありがとうございました!そして、いつも頑張ってくれて本当にありがとう。心から感謝しています。みんなの頑張りがなければサブライム自体がなく、今後も存続出来ないと思います。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございます!


サブライムを創業したとき僕は23歳でした。軽トラを友達と改装し、和歌山から東京にノンストップで運転してきました。ナビも付いていない軽トラだったので、降りる高速の出口だけ頭に入れ、早くこの軽トラで商売がやりたいと思い、高速を飛ばしてきました。


お金はなかったですが、思い返してみればとても楽しい時期だったと思います。


高速で雨に打たれ、東京に着いたときには軽トラのカウンターが雨で水気を吸い込み歪んでいました。なので、それからまた自分達でカウンターを作り軽トラを改装しました。当時は、そのカウンターを作る為に使う「インパクト」という道具も買えなかったので、三鷹にあるジェイマートというところでインパクトを借り、2メートルのカウンター用の木を購入し、バイクに乗せ、警察署の前を横切りながら2ケツでその木を運びました。軽トラは当時の創業メンバーの「こば」のアパートの空き地に置いていました。


こばは当時大学生で、このアパートの空き地で軽トラの改装(修復?笑)を行いました。


早く商売を始めたかったので、朝9時から改装を行う予定でそこに向かうのですが、こばはいつも寝ているんです笑。そいつを起こすことから一日の仕事が始まります。


当時、屋台を出店する吉祥寺の第1ホテルの場所は抑えていましたが、屋台の改装をするまでは商売を始められません。屋台を改装し、今度は椅子や机を作らなければなりません。椅子と机の設計図を簡単に描き、ジェイマートで採寸し、木を切り、その為にまたバイクで木を運び笑、今度は第1ホテルで椅子やテーブルを作っていました笑。


椅子とテーブルを第1ホテルの空き地で作っているとき雨が降ってきました。そこで気づくわけです。「あ〜、屋根作んないとなと。」と笑。


またジェイマートで木の柱を買って、バイクで運ぶわけです笑


その後、ビニールシートを買って屋根を作るわけです笑。はっきり言って雨漏りだらけでした。とりわけ風がきつかったです。台風の時なんか悲惨です。ビニールシートが飛ばされてないんです笑。いわゆる修繕費発生ですね笑。ホテルからもクレームの電話をもらいました。


また、屋台、いわゆるほぼ外なので当然インフラ、いわゆる水、電気、ガスなどの設備がありません笑。


水はホテルの寿司屋から200リットルのタンクに営業前に温水を入れてもらいます。営業終了時には冷水になっています笑。電気はホテルの電気を借ります(もらいます笑)。ガスはプロパンガスを安く譲ってもらいました。


これでなんとかオープンまでこぎつけました笑。まあ、無理やりでしたね笑。その屋台でもやしを炒めるわけです。390円。高いですよね笑。けれど売れました。


店もなければ、雨も凌げない、風も凌げない。冬は寒い。夏は暑い。けれど、なんとかなるもんだなーとそこで気づいたわけです。


この状況下でお店が成立するなら、どこだって、なんだって成立するなと笑。


水の残量を確認して、洗い物をするわけです。電気の使いすぎを気にして営業するわけです。外です。冬は寒いんです。夏は暑いんです。雨漏りするんです。屋根が吹き飛ぶんです。お水を100円で売ってたらクレームが入るんです。だって、タンクの水は使えないからミネラルウォーター買うしかないんです。


それでもお客様は来てくれるんです笑。


こんな寒くて、雨漏りしてんのになんで満席なんだよ笑。どんだけドMなんだよーなんてことを思ってでも嬉しかったなーなんてことを思い出します。若さってのは何事にも変えられないパワーがあるなと気づくわけです。


その次の店も二段ベット設計して作りましたからね笑。当然帰れない日もあるわけで、そこで寝泊まりをするんです。いま、スペインにいるしんやなんてそこに1年くらい住んでましたからね笑


僕の作ったベットで笑。何回か寝ぼけて落ちたので落ちないようにまた改造するわけですよ。


インパクトの扱いと木を積んだバイクの扱いはもう慣れましたから。あとは、天井を抜いたり、床を張ったり、床の色を塗ったり、壁のジョリパットを塗ったり、お金ないから自分でなんでもやるわけですよ笑。


で、いまこういう話をなんでするかと言ったら、


「みんな、やろうと思えば何でも出来るよ!」


って話をしたかったからです。



by boaboa16 | 2019-01-09 07:07