人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

こだわり 自信 想い 求められているモノ そして勝負!

独立する上で、もっとも大切なこと。 それは、「情熱」とか「こだわり」 だと思います。

飲食業に携わっていれば ほとんどの方が、一度は「独立」の二文字を頭に思い描くと思います。

だけど、実際に「あなたは、どんなお店をやりたいの?」と聞いても大抵の方は、「まだ具体的には・・・・」とか「漠然と・・・・です」みたいな曖昧な答えしか出ません。

それは、なぜでしょうか? 

実際に、物件が決まっていないから? 期日が決まっていないから? まだ修行中だから?予算が決まらないから?

そうではないんじゃないかと思います。

本当に「やりたい」事があれば、より「具体的に」、より「明確な」ビジョンを頭に思い描けるはずです。

お店の入り口は、こんな感じ! 食器はこんな感じ! BGMはこんな感じ! テーブルはこんな感じ! トイレのドアノブ・照明はこんな感じ!お料理・飲み物はこんな感じ! etc 細部に至るまで・・・・

想いが強ければ強いほど、具体的に思い描けることは、山ほどあるはずです。数え切れないほどの「こだわり」が「山ほど」あって、初めて「起業」や「独立」が出来るのではないでしょうか?そして、その中から 実際の予算と睨めっこして 削ってこそ 初めて 自分が「誇り」に思える店を持てると思うのです。

「こだわり」を貫き通して 初めてスタート台に立てるのです。

もし、仮に 途中で妥協(いい加減な思い)が介在するならば、そんなお店ならやらなければ良いと思います。 まずは、自分の「こだわり」を貫く。結果、他者の評価がイマイチでも良いじゃないですか! それが、自分の「原動力」になるならば!

そして、スタート台に立つことが出来たならば、初めて「お客様の求めるモノ」を考え、感じ取り 自分の「こだわり」と刷り合わせをするです。

私たちは「居酒屋」業をやっていますが、いつも我社員に問いかけることは・・・

「もし、あなたがお客様だったら、それは自身が求めるモノ(食べたい・飲みたい)だと思いますか?」と言う事です。

答えは、自分自身が知っている筈なのです! それを変な(生半可な)発想で、的から大きく外れてしまう。

簡単に言えば、実際に自分が注文したいモノがメニューに無いのはおかしい!ですし、自分が注文しないモノをメニューに入れることがおかしい!と言う事。

こんな、「当たり前」のことが、当たり前に出来ない・・・・・・そこが難しいことですが・・・・・

感じ・考え・そして「こだわり」。 すべてが三位一体になった時 そこには、良いお店を誕生させる素質が備わった事だと思います。

勝負する時は、そんな「時」ではないでしょうか?人間、30超えれば 年齢ではありません。

何を学び、何を感じ、何を考え そしていかに「想い」を「形」にするか・・・・日々是勉強!勉強なくして成長なし!

今日の「あなた」は、昨日の「あなた」より どれだけ成長していますか?
by boaboa16 | 2007-05-27 22:23 | 新・裸の王様の小言