人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

飲食業に絶対公式はなし!

どの世界にも「必勝公式」なるものが存在する。

飲食業の雑誌 や とりわけ 企業セミナーなどに行くと 色々な公式があたかも「絶対」のように持ち出される・・・・

公式を ここで書くつもりもない。

むろん、我輩も大抵の飲食関係者よりも多くの公式を知っているつもりである。セミナーも腐るほど受講しているし、今も勉強中^^ 

ただ、それは一般論であって「絶対」ではない。 学べば学ぶほど強く感じる。

「絶対公式」があれば、誰もが億万長者になれる。

そんなに簡単なモノではない。もちろん、飲食に限らず すべてのプロファッショナルな世界に通じる概念だと思う。

もちろん「公式」は大切である。

でも、「公式」=「基礎」であって知っていて然るべき程度・・・・

無論、知らなければ プロとは呼べない・・・・

全てを把握して、プラスαこそ もっとも大切なこと。

それを手にするには、考える力・学ぶ力・感じる力を伸ばし そして天才でなければ、まず謙虚であること。

誰もが成功出来ない世界。だからこそ、やりがいのある世界。志は常に高く。そして永遠に諦めないこと!

ただ唯一 絶対公式が存在するとすれば、それは「カリスマ」なること。 

<カリスマ>
:超自然的、超人間的な力をもつ資質。預言者・呪術(じゅじゅつ)者・軍事的英雄などにみられる、天与の非日常的な力。この資質をもつ者による支配をマックス=ウェーバーはカリスマ的支配と名づけ、三つの支配類型の一つとした。

あなたは、カリスマになれますか!?



以下 中島社長ブログより 一部転記。 ちなみにこの人「天才」 傲慢でも良し!


テレビで、リシュモングループ(カルティエなどの経営権を持つ会社)
の方がインタビューに答えていた。
ブランドについて、話をしていた。
このグループは、時計、洋服、バッグ、靴、宝飾品などラグジュアリーのものを
統一して扱っている。
サービスについて、興味深い話をしていた。
過剰なサービスはしない。
接客に関しても、過剰な接客は商品の欠点をカバーするようなものである。
商品力のなさを、サービスで補ってはならない。
そのようなことは、当グループはしない!
外国人のものの言い方、はっきりしている。
ルイ・ヴィトングループはさまざまなものをやっていて統一性がない、
などと他社に対してもはっきりと言っている。

私どもはまるで遠い世界ではあるが、サービスは過剰である必要はない。
お客様が気持ちよく過ごしてくださればよい。
へつらう必要はないと思う。
そして、何よりも商品である。
皿の上の料理も商品。元気のよいスタッフ、優しいスタッフも商品。
テーブルも、イスも、壁も、全て商品。
飲食はトータルビジネスです。そして、人を喜ばす心理学者かもしれません。
by boaboa16 | 2007-06-27 23:22 | 新・裸の王様の小言