人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2007年 08月 08日 ( 1 )

またまた中島社長ブログより転記^^;
ちょっと、究極だけど・・・・でも、こういう事必要だと思います。お金掛かりますね・・・・・
しっかり稼がんと、上の世界は見れないのね・・・・

まあ、要は「如何に自分に投資できるか!」ですね^^

食事・旅・趣味・住まい・本・芸術鑑賞 etc

今年になって、あなたは自分のために、いくら投資出来ましたか!?

まさか・・・・・無駄な賭け事でお金無くしている事なんてないですよね・・・・



8月3日金沢2日目。金沢には「つる幸」という懐石の店がある。店はきちんとした佇まい。私は心の中で、”金沢でごはん屋をやるのです”-----。
8月3日

金沢2日目。
今日の昼食はどんなところ?
浅田屋さんが経営している和食屋とステーキ屋。
その店をのぞいて、私は違うところがいいと希望。
どこかないの?気の利いたところ。
こういう時は、老舗の料亭にしよう。
金沢には「つる幸」という懐石の店がある。
真由美さんが電話をして、私が代わって話す。
「これから二人で伺います。あ、お部屋は結構です」
「料金は、8千円、1万円、1万5千円、2万円となっておりますが・・・」
「そうですね、お昼だから1万5千円にしておきましょう」
なんとなく、店側の雰囲気が伝わってくる。
きめどころ、”お昼だから1万5千円に”------。

店はきちんとした佇まい。
簾戸がはまっており、涼しい。
床の間の花は2輪、ちょっと多い気がした。
仲居の女性は、とてもやさしい、品のある方。
これで、今日ここで食事をした大部分は済んでしまった気分。

お料理はちょっと変わった試みをされていました。
ゴルゴンゾーラのスープなど。
日本料理も変化しなくてはいけないが、気をつけなくてはいけない。
良い、悪いと述べているのではない。難しい・・・。

京都で一軒スカッとした店をやりたいなぁ・・・。
なんて、なぜかここでそんなことを思った。

料理をいただきながら、また旅館のことを考える。
大女将が出てきて下さり、いろいろとお話をして下さった。感謝です。
「板前はとても大変です。料理は中途半端な気持ちではやらない方がいい」
そう、でも私は心の中で、”金沢でごはん屋をやるのです”-----。
金沢にあるのは、歴史、人、そして食べること。

金沢ごはん宿。
懐石でやるつもりはなし。
おいしい加賀の野菜、日本海の魚介、石川の米、これらはすべて金沢の宝です。
大変ではあるが、うまい料理を、ごはんを作りたい。
コンセプトが少しずつ固まっていく。

旅館の名前は決まったが、まだ公開できません。
もう少ししたらお話します、ごめんなさい。

楽しくなってきた。挑戦魂が湧いてきた。
真由美さんいわく、
「社長のそばにいると、アイディアが次々と出てくる。本当にすごい!」
まるで作家とそのアシスタント。

私は自分の希望をはっきり言う。
料亭に行きたい、お茶屋BARに行きたい、あそこの饅頭が食べたい・・・。
普通であればわがままに取られるのですが、これがモノを生み出しているのです。
見る数、見るものが違う。
そして、イヤな話だが、お金を使っている。
それがプランナー、プロデューサーです。

金を使っていろいろ見ろ!
そんなことは大きな声では言えない。
1軒の旅館を作るのに、100軒の宿、料亭を見ろと言っているのと同じ。
それだけで1000万以上かかる。
しかし、私はそれが頭の中、身体の中に入っている。
よく、プロデューサーになるにはどうしたらよいか、と質問される。
お金を使いなさい、投資をしなさい。
投資をしていない人は、モノを見ていない。
モノを見ていない人は、モノの良し悪しがわからない。
時には思い切って、よい器を買う勇気も必要。
本当に大変です。
でも、金沢の旅館、真由美オーナーの旅館はがんばります。
by boaboa16 | 2007-08-08 18:15 | 新・裸の王様の小言