人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2008年 05月 30日 ( 1 )

無信教国家~ニッポン~

ヤフーニュースに、日本人の宗教観の世論調査の記事があったので・・・・

先日、社員ミーティングの資料において「宗教観」の考察なるものを、少しばかり掲載してみた。

今の日本においては、無信教だからこそ 大切にしなければならない部分がある。

これはビジネス(仕事)にも通じる。

時代は「敏感力」です!

~~~以下転記~~~

宗教「信じない」7割、「魂は生まれ変わる」3割…読売調査
5月29日23時41分配信 読売新聞

 読売新聞社が17、18日に実施した年間連続調査「日本人」で、何かの宗教を信じている人は26%にとどまり、信じていない人が72%に上ることがわかった。

 ただ、宗派などを特定しない幅広い意識としての宗教心について聞いたところ、「日本人は宗教心が薄い」と思う人が45%、薄いとは思わない人が49%と見方が大きく割れた。また、先祖を敬う気持ちを持っている人は94%に達し、「自然の中に人間の力を超えた何かを感じることがある」という人も56%と多数を占めた。

 多くの日本人は、特定の宗派からは距離を置くものの、人知を超えた何ものかに対する敬虔(けいけん)さを大切に考える傾向が強いようだ。

 調査は「宗教観」をテーマに面接方式で実施した。

 死んだ人の魂については、「生まれ変わる」が30%で最も多く、「別の世界に行く」24%、「消滅する」18%--がこれに続いた。

~~~以下 私の稚拙な考察~~~

「あなたは、神を信じますか?」

自分自身のために何が出来るのか?何をしているのか?
なぜ、日本は無信教国家なのでしょうか?
時代背景の観点からみれば色々な考察は出来ますが、仮にわが国日本が 今現在、貧困国家であったならば間違いなく宗教と云うものが生活の背景に根ざしていたはずです。
しかし、今現在 不景気といえ日本は先進国であり 国民の大多数が中流階級と云われています。(世界的にみれば上流かもしれない)
このモノが溢れ、食べ物が溢れているこの国においては 一般的には宗教などは必要としないのです。(世界の無信教者の割合は14~15%と云われている)
しかしながら、人間は何かに拠り所を求める生き物です。
そして 時に人は誰でも絶望感にさいなまれる事もあります。
目標・生きがいを失ったり、見失ったりします。そんな時に人は何を拠り所にするのでしょうか?
日本の年間の自殺者数をご存知でしょうか? 交通事故死より多いこの事実。
こんな事実が、今の日本の現実です。
私達は 何のために生きているのでしょうか?
言わずもがな、自分のためであり 自分が守りたいモノのために他なりません。
なれば、最後の最後の「決断」と「責任」は自分自身にあります。
自分自身を信じて 自分自身に悔いのない、恥じない日々を過ごしたいものです。
昨日のあなたは、自分自身のために 何をしてあげられましたか?
最後の最後で 自分自身を信じ抜けるように 自分自身のために努力する。
その努力は 自分自身のためにあるはずです。 明日のための努力は、今日しか出来ません。
自分自身を信じれる「自分」になろう!
by boaboa16 | 2008-05-30 13:47 | 新・裸の王様の小言