人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2008年 11月 04日 ( 1 )

※本日の内容は、まさしく くだらない私的考察!
こんなの読まない方が あなたのため^^
今日のブログは100%私のために書きました^^
まさしく。私自身への応援歌!


現代病「うつ病」

食欲不振・倦怠感・睡眠障害・頑張り過ぎ

あ~~あ 現代病ですね・・・・・現代病!? 裕福病!? 平和病!?
(私がびっくりした、患者さんの一言・・・・「私は以前のような収入はいらない。ただ住宅ローンを払えて、子供を就学させて、食事に困らなければいい。それだけの収入で十分」)
( そうですね・・・・・そんな収入があれば・・・・この考え方が普通なのでしょうか?大企業従事者だからでしょうか・・・・私は 閉口しました)

これ以上書くと、いくら個人応援歌とはいえ 大きな問題なので><;・・・・・「ガイヤの夜明け」を見て率直に思った感想↓

昨日テレビで見た アフリカの飢餓問題。ゴミの山を一日漁って収入は、1日10円程度・・・・・片や うつ病で仕事が出来ない!?したくない!?・・・・・「飢餓」と「うつ病」 どちらが不幸せ!?
どちらも不幸せ!?

ではでは、人間(人類)は何をどうすれば万人が幸せになれるのだろうか!?

いや、誰もが答えを知っているはず。

ただ 口にしないだけ。 ただ、それだけのこと。

神を信じない私でした・・・・・



予告通りくだらない飲食業考察。

勝手な偏見・持論の考察なので^^ こんな考察に正解も不正解もありませんから^^

お店を繁盛させる原理原則は 存在するであろうか? 

私はUFOが存在する確立より、その確立は高いと思います。




一般的なスタンダードな考え方では、QSC&V(Quality品質,Serviceサービス,Cleanliness清潔さ,Value価値)の重視。 このQSCが「当たり前」のレベルであることが飲食業の最低限レベル。(実際はほとんどの店が、良いレベルまで達成出来ていない)

一方で、お店が不潔でも大繁盛しているお店。 サービス!?いや、店主の我がまま接客でも大繁盛のお店。 味は普通だけど、大繁盛のお店。 
そういう飲食店は、QSCなんて、飲食店には関係ない!と言わんばかりの大繁盛である。
また、これを見て 「店なんて汚くても大丈夫^^ サービスなんてテキトウでいいでしょ! 味も不味くなかったら問題なし」 と唱える分析官まで現れる。

しかし、そんなQSCの概念に全く当てはまらない大繁盛店は、必ずどこかに「バリュー」がある。(「バニュー」とはお客様の琴線に触れる何か)

だから、お客様は支持をする。 

そうして、分析官も 「バリュー」こそ 成功の全て!と唱えるのである。




では、「バリュー」を作り上げれば 飲食店は100%成功するのでしょうか?
答えは・・・・YES!だと思います。

しかし「バリュー」はお店側が作り出すものではない。
あくまで、お客様が下す評価である。
我々が出来ることは、その 仕掛けを作り出すところまで。

評価を下すのはあくまでお客様。
となれば、「バリューへの仕掛け」だけでは1店舗の大繁盛店なら商売は通用するが、多少の店舗展開を考えた時、その可能性を探ってみると・・・・・・答えはNoではなかろうか?

バリューを生み出す仕掛け=コンセプト。 VS QSC。

どちらが優先されるのか? いや、コロンブスの卵であろうか?

単刀直入に答えれば「QSC」だけが飲食店の全てではなかろうか?

そして、その例外こそが、QSCを無視した最強のバリューがある店舗ではなかろうか?

私は 理系ではないので 推定公式が存在するのであれば、飲食店成功の公式は以下のようになる

~~~飲食店開業成功の確立方程式~~~
QSCレベル+立地+店長の力=繁盛の確立
 ※ただし、お客様が過大に評するアイテムを保有する飲食店は超常現象とする。

本当にいい加減な公式だが こんな感じで如何でしょうか?

経営者100人いたら、100通りの手法や理論を持っているでしょう。
つまり100点(絶対)の正解など何一つ存在しない。

ただ、成功の確率に如何に近づけて商売するのか? ただそれだけの事。

私は、限りなくQSCを高めます。 王道を行くのみ! 結果が全て。どんなに会社を大きくしようが会社が存続しなければ 社長の評価は0。 

周囲から叩かれようが否定されようが、永続することこそが商売最大の美学。



※勝利へのヒントは文章の中段にあり。
「王道は王道なれど、皆その業を遂行せず・・・・我、王道を目指すなり!」
by boaboa16 | 2008-11-04 22:28 | 仕事