人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2010年 02月 26日 ( 1 )

誰の為に生きるのか?

オリンピック。

他国の選手のほとんどは「国」を背負っている。

謂わば、オリンピックとは国威発動の場。

方や、日本の選手は「自ら」「仲間」「協力者」のためであって、「国」のためではない。

だから例え、失敗しても勝てなくても、自分自身に後悔がなければ良いのだ。

なんて幸せな国であろうか。

こんな側面からも、この日本がいかに素晴らしい国かが分かる。

仮に今日、キムヨナが銀メダルだったなら・・・・・

考えただけで恐ろしい。

そんなことを考えると、日本選手が銀メダルでも たとえ悔しいながらも 帰国すれば大きく称えられる立場を考えたならば、全体的には円満に終わって良かったと思う私は非国民なのか。(実際、未だに女子フィギアの映像を見ていない私は 非国民かも)

私自身、他人様のスポーツ観戦より 自分自身モリモリ鍛えることが楽しい。

スポーツは、「観る」より「やる」派。

話は大きく逸れたが、誰のために我々は生きているのだろうか?

少なくとも、この日本において我々は「自分自身」の為だけに生きることが出来る世界で生きている。

そんな選択肢が100%ある国に生まれた我々は、絶対に後悔するような人生を送るほど馬鹿げていることはない。

自分自身に問いかける。

「今の自分自身は、それで良いのか?」

セルフコーチングは、どんなセミナーや本を読むより意味があります。
by boaboa16 | 2010-02-26 23:58 | 日常の一コマ