人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2012年 07月 01日 ( 2 )

写真で綴ります

彼是、そろそろ50ヶ国を巡る私。 アメリカ本土は10年以上ぶり?

ラスベガスは、やはり世界No1だと思います。 デカい。

我が社の全員に一度は足を運んで欲しいと思いました。(もちろんお金がなくちゃツマラナイ場所です)

人気のショーを観るには最低15000円 ゴハンも美味しいもの(それなりにグレードで)は最低1食5000円

グランドキャニオンだって、なんだかんだで20000円弱

カジノの軍資金は、、、、それなりに必要です。

そうです。金があったら楽しいぜぇ~~笑  でも無料ショーに、ファストフードだけなら この街の醍醐味は半減するかな? 

これが正直な感想。 お金があればあるほど 楽しい街です。 

ガイドさんも言っていました。 ここでは全てが「お金」が一番。 この言葉に間違いなし!


アメリカの西側のメキシコ料理は、本場に近い。(というか同じ)チェーンでも日本の数倍ウマイと思います。 
e0069433_1121789.jpg


バッフェも種類がハンパない。 日本のNo1バッフェの5倍以上種類はあると思います。
e0069433_1124743.jpg


グランドキャニオンは、デカ過ぎて、、、向こう岸16Km先です。 すぐそこに見えるけど。。。
e0069433_113418.jpg


噴水ショーも、日本のそれとは格が違いました。
e0069433_1132199.jpg


話には沢山聞いていたけど「本当に一度は行った方が良い都市」でした。

そして今回の一番のヒットは、やはりカジノ☆

ね!カジノは自分自身で賭けるから面白い☆  賭け事と人生は、人任せじゃダメなんです☆
e0069433_1133652.jpg


負けても勝っても、良い思い出。

思い出はプライスレス。
by boaboa16 | 2012-07-01 11:03 | 仕事
この業界の人間なら「あたりまえ」と思っているし、正直「食べ納め行脚」した方々には閉口してしまう。
e0069433_1063960.jpg


毒舌で言えば「極めて日本的」=「食べ納め行脚」=「ザ・日本人」

グレーな抜け道なら、いくらでもある。

毒舌で書きましたが、まぁ1、2度くらい 足を運ばれる方の気持ちは分かります。

ただテレビで「今月5回レバ刺しを食べに行きました!」とか言われる方は。。。。と思ったのは、私だけではないはず。

。。。。

。。。。

。。。。

正直、牛生肉特需に沸いた焼肉業界が羨ましいだけなんですけどね。

あ!勘違いされている方も多いので!鶏は行政上に禁止になっていませんので☆

これで牛レバーの仕入れ値は、かなり安くなりそうなので 我々は新たな商品開発のチャンスですよ~~

~~~~以下 ニュース一部転記~~~~~

レバ刺しを出す方法はある。

例えば、加熱設備があれば“焼きレバー”として生で出してもいい。お客さんに“生食は危険”と注意しさえすれば、あとはお客さんの判断になる。もちろん、提供は信頼できる常連さんだけですが……

 が、果たして本当にこんなことが可能なのか。厚労省に確認すると、

「焼くことを前提としたレバーの提供自体は問題ないので、食中毒が出たりしない限りは何もいえない」(食品安全部基準審査課)

 とのこと。しかし、「実態として生食が行なわれていると見なした場合は、悪質なケースとして対処します」(同前)と釘を刺す。役人と焼き肉店主のイタチごっこ。肝が据わっているのはどちらか―。
by boaboa16 | 2012-07-01 10:00 | 日常の一コマ