人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2012年 11月 03日 ( 1 )

時間こそプライスレス。

我が社(東京エリア)では、飲食企業では異例の早さで「完全週休2日制」を導入しております。(もちろん、店舗により休めない社員もいます、、、)

当時は、大手飲食企業ですら ほとんど週休2日制なんて存在しない時代。

今でも、ちょいと自己満足。

この時から、一貫してお客様ありき、従業員ありきで経営に従事していると自負しています。

そんな中、有名飲食女性社長が「週休2日制」に触れたブログを書かれていたので、我が社の社員には一読して欲しいの転記。 

横山社長が言うように、普通の零細企業なら「破産」するでしょう。

私も破産しそうです(笑)

でも私も間違っていないし、彼女も間違っていないと思います。

時間の使い方はそれぞれ。

そして、飲食業で一番 難しい問題は「時間の確保」だと思います。

だからこと私は、時間を自由に選択できる会社でありたいと思っています。

我が社は零細企業の中ではありますが、常に何かで一番でありたいと私は考えます。

少なくとも「時間の融通」に関しては、我が社は世界トップクラスだと自負しております。

そんな、たまには自社のアピールも私のお仕事です(汗)

「時間」だけは お金では買えません。 時間≧お金。 

時間こそ、プライスレス!

最後に経営資金の観点から言えば、厚生年金を止めたい!ってのが本音ですね。

法令順守して、経営するのって、実は「あたりまえ」ではなかったりするのです。。。。

あ~~大変(汗) とりあえず創立40周年まで、あと半年、、、、、頑張れているよね!?

~~~以下勝手に「(有)イイコの社長ブログ」転記~~~

週休二日制
テーマ:ブログ

週休二日が当たり前なんて、

一体誰が決めたんでしょうね。


もちろん、週休二日が効率がいいという業種はそれで良いと思います。


でも私たち飲食業は週休二日制にすると破産してしまいます。

この業界でも大手は週休二日制を取り入れて 人材確保をしている会社もありますが、私は断固反対です。

この業界で真剣に仕事をしていこうと考えている者が週休二日制を目当てに本気で仕事をすると思えないからです。


週休二日制の方がリフレッシュできて仕事の効率が上がるという者もいますが、本当にそうなんでしょうか?

試しに週休二日制の契約社員制度を実施した時期もありましたが、正社員よりも契約社員の方がリフレッシュして生き生きと仕事しているという印象は全くありませんでした。

弊社で仕事していた社員の中で独立して自分の店を持った者も何人かいますが、独立する前も休みのことに文句を言われたことはないし、独立後も週休二日制ではありません。

独立心のある人は自ら進んで休まず、仕事していました。


人生の中で週休二日制がそんなに大切ならそういう会社で働いてください。

一生休むなと言っているわけではありません。

有給休暇を使って旅行するのも良し、たまには本気で休むことも必要でしょう。


ただ、週休二日制という概念にとらわれて飲食業が特別な過酷な業種だという認識が間違っているような気がするのです。

労働基準法によると週休二日制は定められてはいませんが、週40時間労働というのが定められているようです。


但し休憩時間をのぞく・・・と。


昼休みがきっちりとれる業種は休憩時間がはっきりしていますが、そうでない業種はどの時間が休憩時間なのか不明確です。

デスクには座ってないけれどず~っと外回りの人は週40時間労働かどうかってどうやって計算するのでしょう。

アーティストなど人生そのものが労働しているような人も会社に所属している場合は労働基準法に従わなくてはいけないのでしょうか?


大体、日本人は仕事するのが大好きな人種でだからこそ日本はここまで発展できたのに、ある時期から祝日をずらして無理矢理連休にしちゃったりするから不景気から抜け出せないんだと思います。


給料は上がらないのに休みばっかり増えちゃってもそんなに散財できないでしょう。

結局、老後のための貯蓄にまわしたりして負のスパイラルに陥っていることを一人でも多くの人が気づいて立ちあがるべきなのでは。


私は労働基準法に対して文句を言ってるわけではありません。

法律ですから。

ただ国で定められたことに何の疑問もなく従っているだけでは日本は絶対に良くなりません。

文句を言い続けても何の解決にもなりません。


この状況下の中で自分ができることは一体何なのか考えて一人一人が行動するべきなのではないかと感じているのでございます。
by boaboa16 | 2012-11-03 22:58 | 仕事