人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2013年 12月 01日 ( 1 )

ちょ〜〜〜

やっとシーズンイン。
e0069433_2001217.jpg


ここ数年で一番遅い。

もちろん仕事だから、仕方がない。

しかし、自分自身に言い聞かせる。

「お前は、何の為に生きているのか?」

そう、私は仕事の為に生きてはいない。

まして、仕事の為に、仕事などしていない。

ちなみに我が業界の社長様たちは、仕事の為に仕事をしている方や、仕事が趣味、、、広義に、飲食が趣味という方が 結構 多い。

そういう方のモチベーションは、会社の規模拡大であったり、名誉?だったりするのかもしれない。

しかし、ハッキリ言って 私はそんな生き方はしたくない!

自分の人生が豊かになる為、自分の人生が楽しくなくちゃ嫌なのです。

スキーは、人生の優先順位の3本の指に入ります。

スキーが出来ない人生なんて、生きている意味がない! 

しかし、しかし、しかし。

そんな私も社会人になって最初の5年間は、全くスキーをしませんでした。

全ての時間を、仕事の為に捧げてきました。

私は凡人の人生には「コレ」がとても大切だと考えています。

何かを得るためには、何かを犠牲にしなければなりません。

何一つ犠牲にせずに、全ての欲求を満たすことなど 凡人には不可能だと思います。

私は、この5年間でプロの心を体得したと自負しています。

そのキーワードは「ちょ~~~」、、、

「ちょ~~~」って、何よ!? これは企業秘密です。 もちろん、聞けば大した内容ではないのですが、こう書くと 人間はとても気になるものです。

企業秘密って言葉、 素敵なマジック(笑)

お客様を神様です。

12月に神様がどれだけ我々のもとを訪れてくれるのでしょうか?

神様たちへを普段のどれだけ崇拝しているか数字に表れる月です。

ちなみに、この考え方は 広告媒体を利用されている企業様には当てはまりません。

我が社は沖縄リゾートエリアの店舗を除き、広告販促費0円です。

商売の本質。それこそ地域密着であり、エリア密着。

永続への普遍の原理原則は、今も昔も変わりません。

お客様あっての、我が社、私、我が社で働く全員。

仕事の為に生きている訳ではないけど、仕事が出来ない人間に未来はない。

「仕事が出来る」とは「お客様が納得する」ではない。

プロの仕事とは、「お客様を幸せにする」こと。

ここまで考えて仕事ができるようになったら、あなたはプロのサービスマンです。
by boaboa16 | 2013-12-01 20:00 | 仕事