人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2014年 12月 18日 ( 1 )

企業体質の寿命

サントリー様との打ち合わせ。

グローバルダイニング出身者たちの活躍の話になりました。

私はココの小株主なので、少しはモノをいう権利があるので、言わせて頂きます。

以前にもブログに書きましたが、正直 今は蛻(もぬけ)の殻。

全盛期の優秀なスタッフは、独立開業して各々、そこそこの成功を収めている。
※当然、新川社長は別枠です。

はやり思うに、体育会系飲食業には絶対的な限界があると前々から感じていたが、ここ10年でそれをグローバルダイニングが身をもって証明してくれていると思う。

「優秀な人材が集まれば、企業が発展の一途を辿る」という構図は、飲食業に限って言えば当てはまらない。

飲食業の醍醐味は、やはり一国一城の主になることだと思う。

優秀であればあるほど、この価値に気が付く。

優秀な人材が集まり、一気に事業拡大し、ピークでその要の人材がいなくなる。

するとその企業は急速に衰退する。

名前を上がれば数えきれない企業が、これに該当するのではなかろうか?

企業は人なり。しかし飲食業に限って言えば、人で成長した企業は、人で衰退する。

やはり成長の要は、業態力であり、企業力であり、経営力になるのではなかろうか?

さらに言えば、永続へのキーワードは、企業体質になると思います。

さらに、さらに言えば、、、、



 
by boaboa16 | 2014-12-18 00:06 | 仕事