人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2015年 01月 11日 ( 1 )

①い志井グループ社長様ブログより拝借
新年早々、スカッとした内容。
一般人レベルの能力しかない人間が、楽して稼ごうなんて幻想でしかない。
どれだけ働いて、どれだけ能力を高めたかで、未来は決まる。
日本の労基は、日本の為にはなっていない。

~~~以下 勝手に転記~~~

新年 あけましておめでとうございます!
テーマ:ブログ

みなさん どうぞ 良い お年に・・・・
なるよう 今年も 日本人らしく 頑張って 働きましょう。 日本は 一生懸命 働かないと 世界には かなわないので あります。
だから 今年も い志井チームは がむしゃらに働き がむしゃらに楽しみ 素敵な 人生になるよう 頑張ります。
労働基準法作った おじさんも しっかり働いて カッコいい 自慢できる 日本にしましょう
本年も 宜しくお願い致します。

②みたのクリエイト社長様ブログより拝借

飲食業の店長職は、例えるなら「課長」
一番、心労もありますが、これを経験せずして成功する人間は、ある意味天才。
店長職あるいは、それに準じる役職に就けるチャンスがあって、やらない人間には、未来永劫「成功」の二文字は見えないと思います。
少なくとも、私の知る限りにおいて、そういう飲食業社長は居ません。
我が社には、まだまだ沢山のチャンスが転がっています。
やるもやらないも「あなた次第」

だって考えてみてください。「課長」も務まらない人間が、「社長業」を出来ると思いますか?
社長になるだけなら、誰でもなれます。一人だって会社は起こせますから。
しかし、それなりの人数の上に立つ社長業は、そんなに生易しい世界ではありません。
「課長」クラスの仕事くらいは、完遂出来るようになっておくと、それは後々 社長になったときに「あなた自身」の為になっていると気づくはずです。

~~~以下 勝手に拝借~~~~

世界中の店長さん(長いよ)
2015-01-11 02:22:22
テーマ:社長のひとりごと。
さて、店長という役職ですが。
一番繊細で、一番困難が多く、一番辛い役職。
店長より下の部下たちは
「そんなことないよ~。怒られる方がキツイよ~」
つって、言うかも知れません。
が、店長以上の役職の方々に聞いてごらん。
全員が、店長という立場の困難の多さ、悩みの多さを助けたいと思っている。
お店によって違うかも知れませんが店長は、誰よりも長く働き、それを背中で見せながら。
みんなからも見られている状態で
自分を律し、かつ、他のスタッフも律しなければならない。
そんな中でも、何十名といるスタッフの悩みも直接聞きながら、その対応策を考え実施し。
でも、こちらを立てれれば、こちらが立たずの袋小路になり。
自分自身も仕事でうまくいかずプライベートでも何かあれば、それでも心が沈む。
それでも、見られている自分を律し心を奮い立たせ、誰よりも長く働く。
お客様のクレームもあるでしょう。自分のやりたいこともあるでしょう。
周辺住民の方からのお叱りもありながら、思い描いている店舗にならないことへの
不安を感じることも。
そんな中、スタッフからの労いの言葉に癒されたり。
お客様からのお褒めの言葉にホッとしたり。
家族や大切な人からの言葉に涙したり。
上司からも、いろんな指示もあるでしょう。
でも店舗でもいろんなことがあるでしょう。
色んなことが起こるでしょう。
その調整もしないといけないでしょう。
その対応もしないといけないでしょう。
そんな中でも、業績を上げることが店長としての役目であり、仕事の成果の一つでしょう。
全役職の中でもっとも潰れやすい。
もっとも壁を乗り越えられないのが店長という役職です。
ですが、全世界の店長の皆様。
壁が高いということは乗り越えたときに、見たことのない光景があるということです。
店長というのはプレイヤーからマネージメントする立場になる転換期。
ここを歯を食いしばって乗り越えるしかないんです。
ここを乗り越えた時に好きなことができるようになります。
その「力」を店長時代に付けているんです。
好きなことをやりたい。
給料を上げたい。
自分で成果を上げたい。
大事を成したい。
とにかく幸せになりたい。
全て「力」がいることでこの店長時代に、大きな礎ができるのだと思います。
「力」がないやつは従え。
です。
「力」とは忍耐・努力・覚悟の上にしか成り立たない。
天秤と一緒で「力」が増せば増すほど「負荷」が大きくなります。
これは自然の摂理だと思います。
でも、ある一定の「力」がついた時に
その負荷が大きくなっても大丈夫になります。
それは「心」の力が強くなっているからです。
店長時代には、忍耐・努力・覚悟によって「心」の鍛錬をしているのではないかと思います。
マネージメントの初歩をやりながら自身の「心」の鍛錬をしている。
どんな時でも折れない心。
どんな時でも相手を思いやる心。
どんな時でも負けない心。
なにがあっても他人を守れる勇気。
なので、辛いのは当たり前。
もちろん、私もだいぶ店長やっていたので死ぬほど分かります。
うつ病になったこともあります。
スタッフが辞めすぎてお店を閉めないといけない状況になったこともあります。
あの時以上に辛いことは今まで一度もありません。
あれがあるから今も強く対処できる心を作ることが出来ました。
まだ弱いチキンハートですが。
店長の壁は高いです。
辛い時には逃げましょう。
常に立ち向かう必要はありません。
逃げたっていいじゃん。
逃げて力を取り戻して壁壊せばいいじゃん。
一度引き返してもいいじゃん。
そっから助走して高く飛び越えればいいじゃん。
自分の心を大切にしましょう。
人の心も大切にしましょう。
大丈夫、大丈夫。
みんな助けてくれるから。
むしろ、俺が全力で助けてやる。
世界中の店長さん。
頑張りすぎる必要はない。
自分の心を話をしながら。
時には休み、立ち止まりながらまた、ボルト並みに走ったらいいと思います。
気合ど。
by boaboa16 | 2015-01-11 10:00 | 仕事