人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2016年 06月 02日 ( 1 )

さて6月がスタート致しました。

一昨日は月末、飲食店も それなりに繁盛する日取りです。
天気も良く、尚更 客足も伸びる要素があった昨日一昨日ですが、、、、、

我が社の店舗は、数店を除き 劇暇でした。

さて原因は、何でしょうか?

飲食店を繁盛させる為には、対外的、対内的 様々な要素があります。

そんな中で 簡単にセルフチェックが出来る方法があります。

大別すると「主観性」と「客観性」の2面性があります。
大切なことは、2面性ともにセルフチェックすることです。

「主観性」では、
1.リーダーが自信を持って商品やサービスを提供出来ているか否か。
2.リーダーが提供したい(好きな)商品やサービスであるか否か。

「客観性」では、
1.スタッフ全員が自信を持って商品やサービスを提供出来ているか否か。
※スタッフ間の意識のすり合わせが出来ているか否か。
2.競合店と比較して、類を見ない商品やサービスを提供出来ているか否か。
3.競合店と同様の商品やサービスであった場合、僅かでも優位性があるか否か。

この5点をセルフチェックするだけでも、自店舗に足りてない部分が明確になるわけです。

どこに問題があるのかが具体化出来れば、それを改善修正するだけである。

ここで最もしてはいけない自店舗の改善案を紹介しよう。

もっと元気を出そう!
もっと頑張ろう!
明るく笑顔で接客しよう!

これらは「対お客様」の分析ではなく、「対自分」への改善案。

もちろん、元気で明るく笑顔でお客様に接客することは大切ではあるが、それが最たる原因で飲食店が売上不振であることは、まずない。

売上不振の唯一無二の原因は

「お客様が食べたい商品がない」もしくは「お客様が体験したいサービスがない」である。

笑顔や元気は、接客の基本中の基本であるが、「売上」という観点から考えると あくまでプラス要素なのである。

売上不振のセルフチェックは、あくまで「対お客様」であることが大切なのである。

もちろん、あまりにも自己中心的な分析が出来ない人は いくらセルフチェックをしても無駄なのであるが、そういう人を称して「空気を読めない人」「天然」と呼ぶのだと思います。

そもそも接客業に不適なのです。
by boaboa16 | 2016-06-02 10:21 | 仕事