人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2017年 07月 23日 ( 2 )

鴨が釣れる

何度も公言するが、今時 経費が利用できない立場で、格安SIM(MVNO)を使っていない方は、お金をゴミ箱に捨てている、もしくは メガキャリア(MNO)に上納金を支払っているのと同義であると断言できる。

そもそも「メガキャリアは安心」「格安SIMが危険」と定義付けしている方は、携帯システムのことを全く理解していない。

そして回線スピードを気にしているのであれば、むしろ メガキャリアよりも速度が出る格安SIMを利用すべきなのである。メガキャリア信者は、こういう事実も知らない。

もちろん、メガキャリアが健全に経営出来ていることが大前提の格安SIMなので、メガキャリア契約者の皆様には敬意を払わねばならないが。

それにしても、こんな「釣り」に釣られる方は、まさに「カモ」である。

~~~以下 ニュース転記~~~
<携帯料金>au新プランでスマホ代を超安くするツボ

7/23(日) 9:30配信

毎日新聞

 auが二つの新料金プランを始めた。うまく使えば格安スマホ並み1980円の料金設定が可能だ。ただ、さまざまな条件もあり簡単には安くならない。どうすれば上手に使えるのか、ケータイジャーナリストの石野純也さんが解説する。【毎日新聞経済プレミア】

 新しいプランは、使ったデータ量に応じて5段階に料金が変動する「auピタットプラン」と、もう一つが20ギガバイト(GB)、30GBのデータ定額がセットになった「auフラットプラン」だ。

 ピタットプランは1GBで月1980円からという価格も特徴。auの固定回線を同時に契約する「auスマートバリュー」を割引を受けたうえで、アンドロイドのスマホを新規、もしくは機種変更で買い、キャンペーンが適用されていなければならないが、価格水準はソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルに近い。KDDIの連結子会社、UQコミュニケーションズが運営する格安スマホのUQモバイルにも匹敵する料金だ。

 auピタットプランは、音声通話定額のあり、なしによっても料金が変わり、1980円からになるのは、完全従量制の「シンプル」か、5分間の定額がつく「スーパーカケホ」のみ。完全定額の「カケホ」がつくと、料金は2980円からになる。

 ◇注意しないと逆に高くなることも

 ただし、1980円、2980円という価格は契約から1年間限定。キャンペーンが終わると1000円料金が上がり、2980円もしくは3980円からになる。また、auスマートバリューをつけない場合も、料金は500円もしくは1000円上がってしまう。

 音声通話の定額がないシンプルの場合、1GBまではauスマートバリューやキャンペーンがなくても2980円になるが、契約条件、同社が大々的にうたう料金より、最大で2000円高くなる可能性がある点には注意が必要だ。

 もう一つのauフラットプランは、20GBが4000円からで、30GBが6000円から。こちらもauピタットプランと同様、キャンペーンに入らないか、キャンペーンの適用が終わると、それぞれ料金が1000円ずつ上がる。

 また、auスマートバリューに未加入の場合も、1000円高くなる。どちらも非適用だと、20GBが6000円、30GBが8000円になる。この料金は、音声通話が従量制のシンプルを選んだときのもので、5分定額のスーパーカケホをつけると500円、完全定額のカケホをつけると1500円高くなる格好だ。


by boaboa16 | 2017-07-23 10:47 | 新・裸の王様の小言

幻のチケット

今年も不参加の札幌社員行事

このチケットは、不使用に。
e0069433_07090797.jpg

利尻島!いつ行くから待っていろ!

まぁ私が健康である限り、まだまだチャンスはあるので、体調第一で考えます。

ここで強行参加して、私がくたばったりしたら、洒落になりませんからね。

私個人より、全体の利益優先。

後悔先に立たず。
by boaboa16 | 2017-07-23 07:04