飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2018年 02月 27日 ( 1 )

進化論

我が社の社員は、あまり気にはしていないと思うが、我が社で良い事も悪い事も起きれば、私のブログのアクセス数が急上昇する。

私は公明正大に事業をしている自負があるからこそ、この「ブログ」には自分自身の名前を晒して、私個人の意見を述べている。 

もちろんそれは、我が社の社員達の行動を信じているからに他ならない。

そうでなければ、企業は45年も続かない。

社則は「会社を守る為のものではなく、社員を守る為のもの」だと、社員には常々 諭している。

ルールを守ってくれている部下の行動で起きた問題の最終責任は、全て 私にある。

それが上の立場に立つ者の覚悟だ。

我が社の店長達には、その覚悟を持って 上に立てる人間になって欲しいし、だからこそ、些細なルールは守らねばならない。

自分の常識は、他人の非常識。 
井の中の蛙になるな。

広い眼を持ち、人の為になる事をして利を得る。

e0069433_06210673.jpg
私のブログが10年以上経って、初のシングルチャート獲得!

一切リンクを貼らない。
社内報のようなブログ。
ブログは、SNSと違い「読みたい人」だけが来る場所だ。

我が社には、ブログの他にSNS的グループも存在する。

ブログとSNS。
2つ似てるでしょ!って未だに感じている社員も多いはずだ。

だからこそ、それぞれにルールを設けている。

ここからは、我が社(元社員も含む)から近々独立ことが決まった人達へのメッセージ。

ルールはお互いを縛るものでなく、お互いを守る為にある。
 
日本は独裁国家ではない。

たとえ少数派になった時でもルールがアナタ自身を守ってくれるはず。

何度も繰り返そう。

私の常識は、相手の非常識。
日本の常識は、世界の非常識。
地球の常識は、宇宙の非常識。
全ての常識は、それ以外の非常識。

常識と非常識の唯一の接点こそが、ルールだ。

しかし時として、そのルールが片方によって一方的に破棄される場合がある。

だから「戦争」が起きる。

世の中から「戦争」(犯罪)がなくならない最たる理由がこれである。

つまり「常識と非常識の狭間にある何か」

逆に考えると、この何かのお陰で生物は進化し続けているとも考察できる。

変化し続けられるモノだけが生き続けられる。
まさに進化論だ。

思考を柔軟に。

相手を思えばこその、ルール。

自己否定が出来る生物こそ、進化出来る。
※オリンピックメダリストが大成出来る心理もコレ。

さあ我が社の社員達は、進化しよう。
時には自分の価値観に疑問を抱こう。

今 この瞬間が、一番若い自分なのだから。

[PR]
by boaboa16 | 2018-02-27 06:10