飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

2018年 04月 21日 ( 1 )

凡人が目指す未来は?

今の世の中、急激に人材不足なのか北海道から沖縄まで、アルバイト時給が一気に高騰した。
我が社も例外ではない。
※我が社も時給は上げましたが、本質的に人材不足とは 私自身は感じていません。

しかし 需要と供給のバランスが一気に崩れたとは考えにくい。

この時給の高騰は、仕事自体に魅力のない大手企業主導による時給引き上げ。

つまり我々の業界に当てはめれば、かつての「ビールの安売り戦争」のような現象に過ぎない。

安売り戦争に勝てるのは、体力のある大手企業のみ。

時給引き上げ戦争に勝てるのも、体力のある大手企業のみ。

周囲の時給が高いからと、単純に時給を引き上げるような中小零細企業には未来はない。

企業側は、
「働いてもらう従業員に対してお金以外に何を付与出来るのか!」

これが、これからの時代に最も大切なことだ。
※本当は、昔も今も本質は変わらないのですが、SNSが生活の一部となった現代に於ける 幸せの尺度が変化。つまるところ日本人特有の行動気質。

ちなみに売り手市場と言われる新卒の就活戦線。

「楽」とか「ホワイト」とか「定時」とか、そんなキーワードで就職先を選ぶような人達の未来は暗いはず。
e0069433_05530462.jpg


日本人は、先進国の中では稀にみる内向型志向。

でも実際の経済は、世界規模で動いている。

つまりライバルは、日本だけではなく世界である。

井の中の蛙になるなかれ。

自分自身の「人生の目的」は何なのか?

夢を持つことが少ない日本人。
そんな人は1ヶ国でも多くの世界を歩いてみた方が良い。

きっと、ぬるま湯に浸かっている人生だから、何も感じなくなってしまっているだけだ。

日本に生まれた幸せを実感出来れば、自分自身が何をすべきか きっと気が付くはず。

井の中の蛙 大海を知らず。

小さな自分自身の価値観なんて、世界的にみたら非常識。
凡人は、変われる人間だけが生き残れる。

これからAIの進化がますます進み、どの業界も開発者やリーディングパーソンを除いて、人余りの時代になるはずだ。

我々の業界も同じ。
飲食業の人手不足なんて東京オリンピックまで。

小売業界や製造業から、今より更に機械化され、単純労働者には働き口がなくなる。

そんな時、皆んなはどうするの?

そう考えると飲食業の中でも、人との触れ合いが大切な飲食業態は未来永劫なくならない。

ましてや、魅力的な飲食店の経営者なら 社会的地位も かなり向上するはず。

だからこそ、飲食業の本質を学んで 我が社の皆んなには独立して欲しいと心底 願っております。

世界を渡り歩いて、世界を見ることに否定的人は一人もいない。
世界を見ることに意義を感じないのは、世界を渡り歩いたことのない人達ばかり。

まずは10ヶ国。

社会人はそんなに旅行に行けない?

我が社に10年在籍すれば10ヶ国+α 確実です。

チャンスは平等に。
選択は個人の自由。
同士には手厚く。

[PR]
by boaboa16 | 2018-04-21 05:22