飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

凡人が目指す未来は?

今の世の中、急激に人材不足なのか北海道から沖縄まで、アルバイト時給が一気に高騰した。
我が社も例外ではない。
※我が社も時給は上げましたが、本質的に人材不足とは 私自身は感じていません。

しかし 需要と供給のバランスが一気に崩れたとは考えにくい。

この時給の高騰は、仕事自体に魅力のない大手企業主導による時給引き上げ。

つまり我々の業界に当てはめれば、かつての「ビールの安売り戦争」のような現象に過ぎない。

安売り戦争に勝てるのは、体力のある大手企業のみ。

時給引き上げ戦争に勝てるのも、体力のある大手企業のみ。

周囲の時給が高いからと、単純に時給を引き上げるような中小零細企業には未来はない。

企業側は、
「働いてもらう従業員に対してお金以外に何を付与出来るのか!」

これが、これからの時代に最も大切なことだ。
※本当は、昔も今も本質は変わらないのですが、SNSが生活の一部となった現代に於ける 幸せの尺度が変化。つまるところ日本人特有の行動気質。

ちなみに売り手市場と言われる新卒の就活戦線。

「楽」とか「ホワイト」とか「定時」とか、そんなキーワードで就職先を選ぶような人達の未来は暗いはず。
e0069433_05530462.jpg


日本人は、先進国の中では稀にみる内向型志向。

でも実際の経済は、世界規模で動いている。

つまりライバルは、日本だけではなく世界である。

井の中の蛙になるなかれ。

自分自身の「人生の目的」は何なのか?

夢を持つことが少ない日本人。
そんな人は1ヶ国でも多くの世界を歩いてみた方が良い。

きっと、ぬるま湯に浸かっている人生だから、何も感じなくなってしまっているだけだ。

日本に生まれた幸せを実感出来れば、自分自身が何をすべきか きっと気が付くはず。

井の中の蛙 大海を知らず。

小さな自分自身の価値観なんて、世界的にみたら非常識。
凡人は、変われる人間だけが生き残れる。

これからAIの進化がますます進み、どの業界も開発者やリーディングパーソンを除いて、人余りの時代になるはずだ。

我々の業界も同じ。
飲食業の人手不足なんて東京オリンピックまで。

小売業界や製造業から、今より更に機械化され、単純労働者には働き口がなくなる。

そんな時、皆んなはどうするの?

そう考えると飲食業の中でも、人との触れ合いが大切な飲食業態は未来永劫なくならない。

ましてや、魅力的な飲食店の経営者なら 社会的地位も かなり向上するはず。

だからこそ、飲食業の本質を学んで 我が社の皆んなには独立して欲しいと心底 願っております。

世界を渡り歩いて、世界を見ることに否定的人は一人もいない。
世界を見ることに意義を感じないのは、世界を渡り歩いたことのない人達ばかり。

まずは10ヶ国。

社会人はそんなに旅行に行けない?

我が社に10年在籍すれば10ヶ国+α 確実です。

チャンスは平等に。
選択は個人の自由。
同士には手厚く。

[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-21 05:22
斬新で、スタイリッシュで、勢いを感じる飲食店の新規オープンが続きますね。 
e0069433_07045783.jpg
その全てが「専門店」。
時代の潮流に乗ることは、とても大切ですが、潮流に乗れば いつしか必ず その勢いは消え、また別の時代の潮流に飲み込まれる。

飲食店の寿命が短い理由は、参入壁が低いと言う理由だけではない。

そもそも論として、スタートを間違えている場合が多い。
e0069433_07041241.jpg
我々の業界で独立するなら、流行りや業態ありきではなく「自分自身の想いありき」でなくてはならないはずだ。

ちなみに これは、普段の料理やサービスのアイデアも同じ。

「流行っている」からで始めるのではなく、「俺が最高に旨い!」とか「俺が最高にカッコいい!」と考える料理やサービスの発想こそが原点にあるべきだ。

その「自身の最高」を、お客様の感性に近づける。
このマッチング作業を通して完成させれば、長く息のある「魂の篭った飲食店」が作れるはずだ。

魂のない飲食店だらけの昨今。
インスタ映え=上っ面の飲食店ばかり。
e0069433_07043147.jpg

つまり、前髪ばかり気にする高校生レベルの飲食店ばかり。

洋服や化粧や髪型をばかり意識しないで、身体を鍛えたり 勉強したり 周囲を幸せにする心遣いが出来る人間のような飲食店を作らないと10年20年なんて絶対に継続出来ない。

「常に自分発信で、ただし他人本位」

我が社の皆んなには、ここを理解して欲しい。
学校では絶対に教えてくれない、飲食業界で生き残る為のキーワードです。

魂のこもった唯一無二の花を咲かせましょう!
e0069433_07054173.jpg
新緑の季節ですね。
e0069433_07071333.jpg



[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-20 06:47

晴れ晴れ

e0069433_22035685.jpg
仕事も一段落して、心も天気も晴れ晴れ!

青色一色!

[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-19 22:03

凄いよね!この人!

e0069433_23442855.jpg
まさに、リアル孫悟空!
[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-18 23:43

自己満になるな!

自分自身が美味しいと感じる料理を作っても、お客様が美味しいと感じてくれない料理は無意味。

自分自身が素晴らしい接客していると思っても、お客様にウザがられたら無意味。

自分自身の価値観とお客様の価値観を擦り合わせる能力こそがサービス業や飲食業に求められる1番大切な能力。


よく勘違いで、
調理技術が一流になれば成功する
とか
最高の笑顔が出来ればお客様は喜ぶ
とか
最高の品揃えをすればお客様が来てくれる
e0069433_07210055.jpg

とか
勘違いしている業界従事者は多い。

しかし我々はプロを相手に商売をする訳ではないので、決して一流である必要はないのだ。

もちろん一流であることに越したことはない。

でも1番大切なことは、「お客様にとっての幸せ」である。

この「お客様にとって」と言う言葉。
いかに相手の気持ちになれるのか。

つまり「空気を読む」力
これこそが成功への鍵である。

ただ私が常々感じることは、ほとんどサービス業従事者は、「そんなことすら考えていない」と言う事実。

少しでも考えたら分かることを、実際は「考えること」すらしていない。

簡単な例を挙げてみよう。
「笑顔の練習」が良い例だ。
練習では たいていの人は笑顔を作れます。
しかし実際に、それを常日頃から 意識して表情をコントロール出来ているかと言えば、概ね95パーセントの人は出来ていない。
何故ならば、表情のことなど「考えていない」からだ。

ただただ、それだけ。
「考えていない」

きっとこんな些細な違いを理解さえすれば、サービス業では、そこそこ成功出来るはずです。

あなたは誰を意識して生きていますか?

自分自身のことしか考えていない人は、この業界には不向きです。
少しくらい緊張感を持って生活しないと、、、
少なくとも仕事くらいはね。
※普段の生活から「ありがとう」の言葉を使える人は、サービス業向きです。

楽に生きても生活出来る日本。
でも、それで貴方自身の人生の目標に到達出来ますか?

これは社員向けのメッセージ。
私、我が社は、手取り足取りまでして 貴方達を良い方向に導くことは出来ません。
そして人生の保障なんてしません。
出来ることは唯一「気付きの機会」を他社より 一つでも多くプレゼントするだけ。ただそれだけ。

チャンスは平等に。
選択は個人の自由。
同士には手厚く。

[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-17 06:43

名残り

e0069433_20394234.jpg
最後の一輪。

名残り。

我々は飲食のプロ。

はしり。
旬。
名残り。

これを使い分けられないと「まだまだ」だと感じよう。


[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-16 20:39

108円

e0069433_22544801.jpg
なんと!

我が街に100円ショップが!

[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-15 22:54

まさかの連続

まさかの連続
 
まさかの
e0069433_04351863.jpg
スキー場、クローズ。

まさかの
e0069433_04355493.jpg
注文したつけ麺を食べようとすると、隣に座って来た客が臭いこと臭いこと、、、、

席は他にも沢山空いているのですが、、、、涙

そんな休日。

[PR]
# by boaboa16 | 2018-04-14 22:37