飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

カテゴリ:賢者の言葉( 11 )

思いやりの心

「論語」の一説のこんな章がある。

弟子が孔子に尋ねた。

「先生は一つだけ一生重んじるものがあるとしたら何でしょうか?」

孔子は答えた。

「一つだけ挙げるなら、それは思いやりの心を大切にすることだ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

我が社の今年の目標は「思いやりの心を育てる」

偶然!?リンクした。

飲食業(サービス)の究極のスキルは「思いやりの心」だと思っているが、賢者は人としても「思いやりの心」が最も大切だと説いていた。

それを信じるか信じないかは「あなた」次第。

人生の選択に正解もなく間違いもない。

「あなた」自身の人生こそが「答え」なのだから。

私は、より一層「思いやりの心」を大切にしようと思った1日でした。

そんな私は、物件視察中に薮蚊の襲撃に遭い、一瞬にして7箇所を刺されたのでした。。。。

薮蚊にも思いやりを!。。。。そんなわけない! 蚊を見たら容赦なく叩きのめします!
[PR]
by boaboa16 | 2010-06-26 23:38 | 賢者の言葉
本日のテレビ ~スマスマ特番同学年~にて、賢人「木村拓哉」と「ベッキー」の対談より

二人とも「疲れた」は絶対に口にしないそうだ。

口にした瞬間、本当に疲れてしまうから・・・・らしい。

少なくとも 二人は、私より多忙なはずだ。 素晴らしい!

「疲れた」・・・頑張ったな!
「忙しい」・・・充実しているな!

だそうです。


ということで、
今日も充実しているぜ! 自分☆(笑)

そうそう、自分とキムタクは同学年なんで そのうちこの番組に出演するつもりなんでヨロシク(笑)


え! 鈴木おさむが同級生!?マジっすか・・・・
[PR]
by boaboa16 | 2009-05-11 22:24 | 賢者の言葉

ダメな経営者

我が社の渋谷店の目の前にも店舗を構える 年商160億円、美のカリスマ社長がテレビ・ソロモン流での一言。

経営者向きでない人とは・・・・・

売り上げ不振を

他人のせい
景気のせい
場所のせい
時代のせい

にする人間は、経営者向きではない・・・・と

自分も常々そう考えているし、そう言っている。

全ての原因は、自分自身にあり!
e0069433_2218885.jpg


それにしても 演出とはいえ この社長 グループ支店の赤字店舗の店長に向かって「クビ」宣言していましたね^^;

おぉ~~~怖い。 イケイケ社長は凄いね^^;

プライベートも外車(フェラーリ)に、豪邸住まい、バイクたくさん、会員制ホテル・・・・・・・服も一流を着込む。

私は こういう社長は、あまり好きじゃないなぁ・・・・

別にひがみとか無いですよ^^; もちろんそんな暮らしは出来ませんが。

私自身は、大人になった今でも 正直 学生時代から変わってないなぁ・・・・

服のブランドも一緒。(最近はユニクロでも買ったりするから逆にトータルでは服飾費は安いかも^^;)

車も一緒(あっ学生にしてはかなり贅沢でしたね^^;でも8年きっかり乗りました!) 今の車も7年目、あと1年以上は乗るし ちょっぴり高いけど、300万円の国産セダンより有意義だと考えています^^

唯一の学生時代との大きな違いは、食事の時に高いモノを気にせず頼めるようになった事くらい?

でも値段が高いと言っても スーツなんて一切着ないから 高級フレンチとか お洒落さんが集う場所には行かないから値段なんてたかが知れています、酒も飲まないから夜の社交場など行きませんよぉ~~^^;・・・・

とにかく自分のポリシーとして年齢・立場が変わっても 人間として変わりたくないね。 ただそれだけ。

悪い意味での 「なんか、最近 あの人変わったね」 この言葉だけは聞きたくない。

まぁ つまらない人間かもしれないけど。

でもそんなに利益が出るなら 社員に還元すればいいのに・・・・美容業界は飲食業以上に過酷な労働時間じゃないですか^^; 

って思っているのは・・・・・私だけか^^; 

くだらないお話でした。
[PR]
by boaboa16 | 2008-07-06 22:25 | 賢者の言葉
フジテレビ月9「CHANGE」での一コマ

「人と人は お互い とことん話し合って 考える・・・・・・そうすると、自分と人は 元々違うことが分かる」

本当にそうですね。

人は それぞれ 容姿も 考え方も 体力etc すべてが違う。

その事を理解した上で、接すれば きっと 人と人は「思いやり」や「気遣い」が生まれ 良い関係が築けますよね。

性別・人種・年齢・役職 全ての関係においても 人と接する時に「人間愛」を忘れてはいけない。 

これを忘れては、如何なる人間も三流なり!

e0069433_2295464.jpg


キムタクかっこいいね・・・誕生日が19日しか違わない同じ年か・・・すごいね・・・・

ドラマは 内容的に単純に 楽しいね^^ 出だしで負けていた視聴率争い・・・ゴクセンを視聴率でも確実に圧倒出来ると思うのは・・・私だけ!?

 
[PR]
by boaboa16 | 2008-06-09 21:39 | 賢者の言葉
世界を知る人間の言葉には説得力がある!

たまに、こういう人がいる

「世界を知る前に、日本の良いところをいっぱい知るべきだ!日本をもっと旅するべきだ!」

私は、こういう意見は、井の中の・・・・・だと思う。 比較対象が狭すぎます・・・・・

私は、あと1カ国で20カ国になるので来年中には 知らない国に是非行きたいですね♪

世界の貧困と富裕・自然・文化を知ることは 大いなる人生の糧になる事は間違いなし!

次、どこに行こうかなぁ♪



~~~~~以下転記~~~~~~

サッカー通じて貧困と環境問題解決…中田英寿氏が今後を語る
11月9日8時4分配信 サンケイスポーツ

 サッカー元日本代表MFの中田英寿氏(30)が、サッカーを通じて貧困問題、環境問題解決に取り組んでいくことを表明した。10日発売の月刊誌クーリエ・ジャポン(講談社、580円)で明かした。世界108都市を旅する中、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行(バングラデシュ)のようにビジネスとしての問題解決に強い興味を示すなど、引退後初めて自身の今後を語った。

 衝撃の引退宣言から494日。中田氏が、新たな動きを開始する。

 「何ができるといっても別に人助けをするつもりで旅をしているわけではないですし、最終的にはビジネスになりますけどね」

 10日発売の月刊誌クーリエ・ジャポンが「中田英寿責任編集 NAKATAが見た世界」と題して40ページの大型企画を掲載。サンケイスポーツは同誌のインタビューを独占入手。その中で、中田氏は引退後初めて今後について言及し、新たなビジネスに乗り出す意思を明かした。

 ビジネスといっても、単なる金もうけではない。引退後、50の国と地域、100都市以上を回ってきた中田氏。最近はアジアを中心に旅を続け、児童養護施設などを訪問。貧困や環境面の世界の問題を目の当たりにしてきた。そこで考えたのが、ビジネスとしての社会活動だ。

 日本では“負”のイメージもある社会貢献のビジネス化。しかし中田氏の考えは違う。サッカーボールを寄付するなどの活動も行ってはいるが「ただそれだけでは意味がない」と言い切る。

 「一過性のものよりも、できるだけみんなが継続できる何かが大事」「何かビジネスをするときに誰かを不幸にするやりかたって面白くない」「みんなのためになるビジネスですって言ったほうが、より大きな効果を生む」など持論を展開。旅を続ける中で、マイクロクレジット(貧困層を対象にした低金利無担保融資システム)を構築し、06年にノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行のような「誰もがハッピーになれる、誰に対しても利益が出るやりかた」に、可能性を見いだしたという。

 そして、そこに中田氏ならではの、サッカーの要素を加える。旅先で「たいしたことのないぼくでも知られて」いたことを驚き、「このサッカーを使わない手はない」と思い立った。「サッカーを一緒にするとかボールをあげるということから、もう一歩進んだ何かができるんじゃないか。それをいまは漠然と考えていて、どう具現化できるかというのがこの先の課題」と、イメージを膨らませている。

 「海外にもっと目を向けて出てみろと言いたい」と訴える中田氏。旅で得た財産が形になる日は、確実に近づいている。
[PR]
by boaboa16 | 2007-11-09 10:23 | 賢者の言葉

遊ぶ前に、まず働く

松下幸之助~所感~
「まず働いて、次に蓄えて、それから遊ぶ」


以前 自分がブログに書きましたが、松下さんもこう説いていますよ・・・・

あ~、偉人が同じ考えでよかった!?・・・・って、こういう思考は、知らず知らず いろんな書物を初めとした情報から 自然と培われるモノだから 学べば学んだだけ 思考のベクトルは同じ方向を向くのは至極、当然のことですかね^^;
[PR]
by boaboa16 | 2007-09-05 18:16 | 賢者の言葉
参考までにどうぞ^^

際の中島社長が考える~リーダーに求められること~

①商品を明確に。 その商品がマーケットに必要なのか?
②状況判断力、理解力、分析力
③継続性 気分にムラを起こさず、常に正確に推進していく
④情熱も大事だが、情熱は時に頑固になる。
 人の意見を取り入れ、共に進歩していく
⑤リーダーシップを持ち、スタッフの模範となれるか。
[PR]
by boaboa16 | 2007-08-30 11:16 | 賢者の言葉

一瞬の行動学

一流の人間は、理想を思い描き その一瞬一瞬を大切に生きる。

二流の人間は、理想を思い描き いつかそれに向けて行動しようと思う。

三流の人間は、今の現状を「本当の自分」とは思わず いつかなんとかなると思う。

ダメ人間は、なにもせずに 現状に満足する。 これは、「人間」と呼ぶべきか!?「動物」と呼ぶべきか? 我悩むなり・・・・・
[PR]
by boaboa16 | 2007-08-24 04:06 | 賢者の言葉

敬称の必要性

我が社では、基本的に すべてのスタッフに対して「敬称」を付けるように指導している。

その理由は、人格ある一人の人間として それぞれが接する必要があると考えているからだ。

ある人は、さん付けで呼んだのでは上下関係が明確にならなくて、甘やかすことになるという人も居るが、企業内の上下関係は学生と違い 上から押し付けるものではない。

知識や経験などの違い、的確な判断力の差から、上下関係が自然と生じるのである。 そうした裏付のない上下関係は組織としても うまく機能しないはずである。

多少間違いを犯すことの多い部下であっても、立派な人格を持った人間であり、その配偶者、両親、子どもなどにとっては この上もなく大切な存在なのである。

いかなる場合でも 丁重に遇するのが 一人前の社会人だと思う。
[PR]
by boaboa16 | 2007-08-22 09:45 | 賢者の言葉

成功の法則

○熱意からすべてが始まる

※2階に上がるハシゴは。熱意のある人だけが思いつく

○人に尋ねると得をする

※ひとりの知恵には限度がある。 衆知を集めなければ成功はあり得ない。

○批判する人をほめる

※大切な意見として聞けば、その時批判は助言へ変わる。

○熱意と誠実さと素直な心は「成功」への近道

※素直な心で熱意を持って誠実に取り組めば、能力は自ずと引っ張り出せる。そうすれば、自然と知識と情報が集まる。 知恵が生まれると、実行が生まれる。 反省する心も出てくる。 
[PR]
by boaboa16 | 2007-08-19 23:19 | 賢者の言葉