飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

<   2011年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

必死

オープン前日。
e0069433_1515786.jpg


必死に頑張っている皆に感謝!
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-31 21:51 | 仕事
いよいよ明後日、「日比谷琥白」がオープン致します。

みんな、とても頑張ってくれています。

あとは、「お客様は神様」と思えるか否か。

神様にお供えするモノは、心を込めないと。

神様に接するときは、心の底から笑顔で接しないと。

神様は「何でもお見通し」です。

そういう心構えさえあれば、お店はきっと上手く行きます。

少なくとも、我が社はそうやって生き残ってきました。

我々の出来ることは、身の丈にあった料理とサービスを提供するだけ。

だた、どこにも負けない「心」を込めた料理とサービスでなければならない。

単純だけど、「心」の問題だからね。

業界のご意見番ブログに良いこと書いてあります。

実に分かりやすい。

私は飲食業とは、こうあって欲しいと常に思っています。

頑張ってください!ガンさん。 

飲食店の価値は、規模じゃありません。

お客様の笑顔の数です。


~~~~~~~以下 ガンさんブログを勝手に転記~~~~~~~~~~

世界一の朝食「bills」

レオナルドディカプリオが あまりの美味しさに毎日通い5キロ太ったらしい

その「ビルス」

先日、横浜の赤レンガ倉庫店に行ったのだが、やっぱ本店は行ってみたいよなぁ。。。

日本の「ビルズ」同様、長蛇の列かな???

行ってみたら、そこはあまりにも静かな住宅街にあった。

お店はそんなに広くなく でもセンスある店内は いかにも近所の住人らしき方々が・・・

席に付いてオーダー。

さてさて世界一の朝食発祥の店のお味は???

これが世界中の女性を虜にした「リコッタパンケーキ」

コーンフリッター。

トウモロコシ好きな私にはコレがイイかも。。。

スクランブルエッグ。

と、食べてみたけど横浜のお店と全く変わりませんでした。

確かに美味しいって言えばそうかも・・・

でもそこまで「世界一」って騒ぐほどかなぁ。。。

でもね!

サービスが凄かった!

3人で回すホールの中に赤いワンピースの女性が・・・

その女性のあの目付き、あの気付き方、あの動き、あの気の利き様、あの歩き方

一応同業でもある僕はこのオンナはタダ者では無いと判断!

経営者もしくは経営者の「嫁」だな・・・と判断。

しかしその答えはたどたどしく英語で聞いてみたら

「ただのマネージャーです」とのお答え。

そしてその女性はガイドブックを見る僕に近寄り

自分のオススメのレストランを、事細かに説明してくれ、地図に印まで付けてくれ、紙にアドレスまで書いてくれたのだ

なんて優しい・・・なんて思っていた僕の目にとんでもない光景が!!!

丸見えの厨房の中で無表情で仕事をしていたアジア人のシェフがいた。

その無表情のシェフがいきなり厨房から出てきて隣りのテーブルに座っていた

家族連れの6才くらいの女の子が大事そうに持っていた

コアラのぬいぐるみの前に真っ白な皿を置くとホウレンソウを3切れ置いて「ニコッ」と微笑み

「コアラに食べさせてネ」と、一言だけ言い残し厨房に戻って、また黙々と仕事を始めたのだ。

さらに驚くべきは日本人のホールスタッフがいて超笑顔のニコニコ顔で接客してくれたのだ!

僕は完全に落ちた・・・

完全に「ビルズマジック」にかかった。

こうなると「普通に美味しい」が「とんでもなく美味しい」に成る。

逆を言えば僕のお店の様な凄い嫌な接客を受ければ

「普通に美味しい」が「どんでもなくマズイ」に成る。

ここが飲食店のもっとも大切なことだ

と、僕は25年前から気が付いてはいるのですが(涙)

僕は自分でお店を出す時に思った一流店で修行を積んだ訳でもない僕は一流の料理人になんて到底適う訳がない

だからと言って一流店のサービスを真似するったて無理だ

僕の居酒屋は客単価で3000円ぐらい

お客様から頂く大切な千円札3枚でどれだけ付加価値の高い接客をするかが勝負だと思った。

もちろん今でもその考えは変わってはいない。

僕たち店の人間がいかに御客様に対して心地よい「催眠術」をかけられるかが大切だと思う

心地よい「催眠術」と言うサービスのマジックにかかったお客様は心地よく幸せな顔をしてお店を後にするだろう。。。

残念な事に今の僕のお店とは真逆なんですが・・・

飲食店で働く人は自分のお店に御来店された御客様が汗水流して稼いだお金をお店で使って頂き、その御客様から「御給料」を頂いているのです。

そう思えば雑なサービスなんて出来ないと思いますが。。。

以上

史上最悪な店の経営者のつぶやきでした。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-30 23:12 | 仕事

大人買い

シーズンも終盤にドラゴンフルーツを激安にて発見!
e0069433_23205537.jpg


場所は、今後のために秘密です(笑)

来年は200kg~300kgを確保したいと思います。

今日は50kgほどかな。

空港では中サイズ1個800円くらいしています。

空港随一の安さの「わしたショップ」(ほぼ市内価格)でも一番小さいサイズ(私は買わないサイズ)でも200円。

逆に市場でも、もうほとんど見かけなくなりました。

良い買い物が出来ました。

おばーは、「今までこんなに沢山買った人は見たことないねぇ」って(笑)
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-29 23:20 | 仕事

積極性

恩納村は、縦割り行政のおかげで 管轄のお役所が南部、中部、北部と三箇所に跨ります。
e0069433_21162475.jpg


本当に勘弁願いたい。。。。

いい感じに仕上がっていた、滝(笑)
e0069433_21162472.jpg


もう少し安かったら良かったのに。。。完全に破産しそうです。。。

沖縄チームは積極的に声を掛けてくれるので、試食を!
e0069433_2116245.jpg


実は東京でも滅多にしていない私。
e0069433_2116242.jpg


沖縄チームの積極性に感謝。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-28 21:16 | 仕事

念願叶う

ず~~~と、行ってみたかった「軽食ルビー」
e0069433_11362822.jpg


いつも混んでいるお店。
e0069433_11362819.jpg


C級グルメのランキングNo1入りです(笑)念願叶いました。

沖縄社員ミーティング後、またまたお祝いして頂きました。 あざ~~~す。
e0069433_11362985.jpg


サンキューな1年間をまい進中です。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-27 21:36 | 仕事

スペシャルプレゼント

e0069433_2330956.jpg

わ〜お!

宍○店長から スペシャルプレゼント。

朝日酒造の最高峰!
ありがとうございます。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-26 23:30 | 仕事

プレゼント

プレゼントい~~ぱいもらいました!みんな ありがと~~~

ちょ~かわいいケーキ ありがと~
e0069433_133793.jpg


増〇さんからはスキーの手ぬぐい、ナイスセンス^^

あとは、ここには書けないセレブなアイテムやら、悪魔のアイテムやら 生首やら。。。冗談

そして、恒例の世界で一番使えないカードからも
e0069433_133767.jpg


「旅行のときは、忘れずに」 これは完全に誇大広告です。

と言うことで、100万ポイントあるのでマイルに全部交換して解約することにしました。

理由は色々ありますが1998年からの会員実績(貯まったポイントで分かると思います)を完全に無視した待遇。

完全に腹立ちまして。 特に審査デスクの「口調」

どちらが「客」なのでしょうか?

使ってほしくないようなら「サヨナラ」

と、言う訳で「理由も告げず」解約です(笑)

さぁ来年は50万マイルも増えたので、ただ旅行しようっと。

話は逸れましたが、一番嬉しいプレゼントは「言葉」

本当にありがとうございます。

どんな形であれ「関心」を持たれることが、社会生活をする上で 人間にとって最も大切なこと。

「メール」に「言葉」に「コメント」

みんな ありがとうございました。

39歳は、サンキューな1年にしたいと思います。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-26 01:03 | 仕事

マイ バースデー

39歳になりました。サンキューです(オヤジギャグ)

早速、いや毎年、1番乗りのお祝いメールを頂く三浦店長から、今年もお祝いメール。

添付されていた画像。
e0069433_075636.jpg


私が初めて好きなったアイドル「斉藤由貴」(笑)

なんともハッピーでサプライズな39歳の始まりです。

今年は、きっと良いこと沢山ありそうです。(と、常に自分に暗示をかけている私でした)
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-25 00:07 | 仕事
上海の道路は、まさに近未来的な電飾
e0069433_055431.jpg


今日はなんとも慌しい1日でしたので、手抜きブログでした。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-24 22:00 | 仕事

最高と一般受け

同行視察最終日

今日のテーマは「最高」と「一般受け」

「最高の料理=一般受け」ではない。

全ては値段と価値のバランス。

しかし最高のレベルが、どの位の味なのか知っておくのがプロの仕事。

そして、その味を知れば知るほど、料理の奥行きの深さを知ることが出来る。
e0069433_040326.jpg


「最高」は、もちろん名店のここでお勉強。

通えば通うほど、その実力が分かります。騙されたと思って、10回通ってみてください。

その勉強代は、5万円弱。もちろんお寿司屋さんはカウンター限定です。

5万円払えば、回転寿司と職人が握る違いが明確に理解出来ると思います。

素材を食べる=回転寿司。 料理を食べる=職人が握る寿司。 

大枠のカテゴリー分けは、こんな感じだと考えています。

そして、一般受けするモノは決して、最高の感動はない。

私の中では、ここが代表格。
e0069433_0403258.jpg


今日も大混雑です。

なんで混んでいるのか理解してくれたでしょうか?

お客様の心を掴むためには、自分の殻から飛び出る必要もあると思います。

「最高」と「一般受け」

このバランスを理解することも、独立の重要な要素だと感じています。

自らのこだわり、お客様へ寄り添う心。

実に相反する要素。

自分のこだわりだけで、お店を繁盛させることは、自分の趣味を職業にしているアーティストに等しいと思います。 そう、天才だけが成せる業。

一般人の我々は、「こだわりソコソコ」で、如何にお客様の心に寄り添えるか。

お客様は神様です。

如何に神様に喜んで頂けるか、これが絶対普遍のキーワードであるはずです。
[PR]
by boaboa16 | 2011-10-23 00:40 | 仕事