飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

<   2011年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

仕事納め

e0069433_23522384.jpg

仕事納めは、やっぱりここでF485.gif
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-31 23:52 | 仕事
2011年の総括。

(なお、大甘な過大評価ですので、私と直接 面識のない方は お読みにならないでください)

既に社内向けには評価済みですが、この1年間の個人評価は120点、満点オーバーです。

一番の評価ポイントは「財務関連」に対しての評価。

財務に関しては、常にドンブリ勘定の我が社と私ですが、大震災後の財務対策のスピードは 私が知る限りでは1番での対応できました。(震災の翌朝スタート)

PLやらFLやら、云々かんぬん の 数値管理で社員に指示を出す会社が大半(大企業なら100%かな?)ですが、我が社は無関心に近い経営をしています。(知識がないという訳ではないので誤解なく)

そんな我が社(私)ですが、今回の財務の「肌感覚」こそが、私自身が この職業を天職にするに値するモノなのだと改めて気が付かされました結果となりました。

昔から、様々な取材でも「へぇ~」と言われるくらい数値に無関心です。
(関心がないわけではなく、我々の規模や業態にマッチングしないと考えています)

しかし今年1年の結果は我が社にとっては、大きな契約ごとも含め 全てをプラスに転じることが出来ました。

完全に手前味噌ながら 経営者トップとしての仕事を完遂以上の結果を残せたと思っております。

未曾有の大震災や既存店の売上げが低迷したとしても、潰れない会社作りが出来ていたという証明を示すことができ、来る創業40周年は問題なく迎えることの出来る確信を得た1年でもあります。(もちろん、関東大震災が直撃した場合はこの限りではありません)

これは社内向けのメッセージです。(弊社以外の読者様へ、ブログだけで伝えているわけではないので誤解なく)

仕事とは「ツボ」を抑えてナンボだと思います。

どんなに努力しようが、どんなに真面目に仕事しようが、ツボを外せば 他者からは、なかなか評価されません。

簡単な例え。

マッサージ店に行って、懇切丁寧にマッサージされても 肝心なマッサージが、全く気持ちよくなければ(効果がなかれば)、その人を二度と指名しないでしょ!?

まさしく、これが「ツボ」なのです。

合わせて、たとえ正確にツボを押えていたとしても、手抜きしていては「あれ!?これだけ!?」って、なっちゃいます。

「そこそこの努力」と「ツボを外さない」

これが社会に生きる者の処世術ではないでしょうか?

不器用より、要領よく生きる方が良いに決まっています。

「世渡り上手」って、悪い言葉ではないと思います。

「評価」はあくまで第三者がするものです。

個人の「価値観」「満足度」は、それは「個人的幸福」とリンクしているのであって、第三者の幸せに繋がるものではありません。

第三者に「評価」されてこそ、社会での成功に繋がります。

そして「社会」とは、「人と人の繋がり」。

私は人付き合いが、スーパー苦手(どちらかと言えば「嫌い」かもしれません)ですが、ツボだけは外さないようにしています。

やはり、社会とは「人と人」の繋がりである以上、どんなに忙しくても、どんなに時間が無くても、「顔を出す」ことが重要だと考えています。

大切な行事ごとには「顔を出す」。 これも仕事の「ツボ」の一つです。

社会がどんなにデジタル化しようとも、結局 評価をするのは人間です。

人間には感情があります。

見知らぬ人間より、たくさん顔を合わせる人間が可愛いと思うのは必然です。

そんなことまで考えて、人付き合いをするのも「仕事」だったりします。

また話は少し逸れますが、「ツボ」突きの最高峰は、「秘孔」なるモノが存在します。

「秘孔」こそ、最高のホスピタリティー=おもてなしの心。です。

コレばかりは、簡単なようで難しいです。

また逆に、難しいようで、簡単。

さぁ、どっちなのでしょうか?

我が社では、三浦総店長が この神業の使い手ですね。(お手本は身近にいるのです)

しかし、この秘孔を使える人間は、ツボを熟知した者だけです。

普段からツボを押えていない人間が、秘孔を突こうとすれば それはまさしく「ジョキ」の所業です。
e0069433_8364762.jpg


ああ、無残にアベシです(笑)

まさに神拳の域に達するには、まずは「欲せんと思えば、まずは与えよ」の心がなくてはダメだと思います。

まさにマザーテレサの心意気です。 無償の愛です。

正直、私には到底出来ません。

と云う事で、今年1年は仕事に関しては「とても良かった1年」と評しておきましょう。

でも、プライベートは撃沈の一年でしたね。。。。。

来年は、まず「勝利」を得て波に乗りたいものです。

注釈:己(おのれ)達せんと欲(ほっ)して人を達せしむ

《「論語」雍也から》自分が目的を遂げようと思うときは、まず人を助けて目的を遂げさせる。仁ある者は事を行うのに自他の区別をしないことをいう。

では、皆様よいお年を!

私は「貧乏暇なし!」ということで、年始年末は例年の如く通常業務でございます。
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-31 20:18 | 仕事

置き去り

スーツケースを玄関先に置き去りにして、飛行場に向かう馬鹿。

そんな奴いないだろうって?

居ます(笑)

そんな馬鹿は、私です。

年の瀬に、今年一番の大失態。

幸い、荷物は誰にも持ち去られることなく、数時間後には、三浦総店長の計らいで奥様宅急便にて、無事に飛行場まで届きました。

プライベートでは今年一番の感謝です。

ありがたや ありがたや。

仕事のデータやスキーブーツなど、私にとってのプライスレス満載のスーツケース。

なんとも お馬鹿な一年の締めくくりになりました。

反省に反省をして、来年は更に頑張ります。
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-30 19:52 | 仕事

なるほどね!

この本、「なるほど!」って思った。
e0069433_1814993.jpg


誰もが同じだと思うけど、仕事は楽しいけど憂鬱ばかり(笑)

暢気にへらへらしている私に見えるかもしれませんが、毎日 胃が痛かったりします。

まぁ私の立場上、へらへら装うのもお仕事なのですが。

と書いていますが、お仕事は好きなので誤解のないように。

結局、憂鬱じゃきゃ、真の命を懸けた仕事じゃないんですよね!

仕事と真剣に向き合えて、なんて私は幸せなんでしょうか?
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-29 18:14 | 仕事

大バカ者

我が社は北で、ウン百万、、、南で、ウン百万。

普通の方が聞いたら、ひくかもしれない大赤字です(苦笑)

しかし、人を育てたり、会社の存在意義を残すにあたっては、お金に換算できないモノも私はあると信じています。

お金は会社が存続(成長)出来る分だけあれば、私は十分だと考えています。

と、カッコいいこと書きましたが、99%の経営者様から見れば、私は「大バカ者」なのかもしれませんね。。。。。

~~~~~以下 ヤフーニュース転記~~~~~~


千原せいじ、経営飲食店の赤字嘆く「年220万マイナスはバカのやること」
オリコン 12月26日(月)14時34分配信

自身がオーナーを務める居酒屋『せじけん』の経営難を明かした千原せいじ(C)ORICON DD inc.

 お笑い芸人の千原せいじが26日、都内で行われた『ジョージア 社会人の皆さん、今年もお疲れ様でした。』サンプリングイベントに出席し、自身がオーナーを務める居酒屋『せじけん』の経営難を明かした。今年を振り返ったせいじは「僕の経営してる店が月20万の赤字。いい大人が集まって、そこそこ考えて頑張ってるのに年220万のマイナスはバカのやることですわ」と嘆き節。「改善させることといえば、人件費を減らすしか…」とぼやきつつ「芸人でもうまくやってる人はいるけど、ウチは駄目ですね」と肩を落とした。
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-28 22:08 | 仕事
e0069433_21463285.jpg

e0069433_21463250.jpg

サービスに然り、料理のヒントに然り、何処にでもある。

それに気がつくか、気がつかないか、この二つの選択肢しかない。

何事も灯台下暗し。

幸せは、自分の近くに転がっているものです。

隣の畑しか見ていない人間は、一生幸せになれないと私は思います。
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-27 21:46 | 仕事

気合い

仕事は「気合い」だと思います。
e0069433_9424315.jpg


仕事において「気合い」「根性」とかに対して、否定的な方が大変多いと思いますが、飲食業(外食)においては、仕組みや仕掛けは云わば「デジタル」な側面であり、気合いや根性が「アナログ」な側面だと考えています。

どちらが大切ではなく、どちらも大切。

お客様との関わりは、「アナログありき」が素敵だと私は思っています。(今や、タッチパネル注文の店舗も多くありますが、、、)

「気合い」とは、気を合わせること。

「気合い」とは、決して宗教的(思い込み的)な手段ではありません。

気を合わせる=精神を集中する。

今何をすべきか、雑念を捨てその事に対してのみ集中する。

我々、飲食業に置き換えれば、お客様のためだけに集中する。

こう言ってしまえば、誰でも「あたりまえ」だろ!って言うでしょ!?

そう「気合い」を入れるなんて、実は「あたりまえ」のこと。

でも、これが普通に出来ていないのが一般的。

「あたりまえ」を徹底すれば、それは素晴らしい感動を生みます。

「気合い」を入れて、仕事をすれば良いだけです。

ああ、なんて飲食業って簡単な職業なのでしょうか?

皆さん、そう思いませんか?

でもシンプルで簡単だからこそ、その違いも大きく出るわけです。

シンプル イズ ベスト。

我々は、ただただ「あたりまえ」を徹底するのみです。
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-26 09:34 | 仕事

独裁

キリスト様のお誕生日。

おめでとうございます。

お蔭様で、毎年 この時期のお店は暇なのですが、ここ数年の傾向としましては、「まぁまぁ悪くない売上げ」です。

今年も、さすがに3連休の中日で厳しいかな!?と思いましたが、予想外に全体としてはソコソコ繁盛させて頂きました。

これはきっとサンタさんのおかげ!。サンタさん、良いプレゼントをありがとう(笑)

対して、連日の北の独裁者死去関連のニュース。

そろそろ喪に服すのも終わったらしい(早っ!)

白も黒くなり、丸も四角になる。
e0069433_942525.jpg


独裁は、悪なのか?

独裁は、悪でもなく、善でもない。

その行いが、「悪なのか善なのか」が問われる問題。

そして、善悪の基準も、何をもって善なのか悪なのか?

赤の指導者が小指を立てている。

赤の指導者が、アメリカナイズされている この人形は私のお気に入りのアイテム。

飲食業もコレに同じだと考えている。

何が言いたいかと言えば、どんな手段であれ「選ばれたモノ」だけが生き残る。

生きとし生けるもの全ての普遍の原理。

必要とされるモノには「永続」があり、必要とされないモノは「滅」する。

「万物普遍の原理=運命」はあると思う。

少なくとも、最期まで意味ある生き方をしたいと私は思う。

昨日は、「この際、悪いこと年内中にじゃんじゃん起きてください」と書きましたが、やっぱり 悪いことは、もう十二分です。

最後の〆は、年末ジャンボでも当たらないかな!?
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-25 08:31 | 仕事

忘れない

昨日で忘年会も一段落。

我々、居酒屋業界は(たぶん)小休止。

今年の我が社は、忘年会を行いませんでした。

ここだけに書きますが、一番の理由は「忘れない1年」にするため。

震災があり、個人的には怪我もし、仲間が何人も生死をかけて戦い、会社も半年前は本当に苦しかった。

プライベートでも悪いことが色々あった。 親愛なるNZでは昨日も地震が。 

私にとっては、絶対に忘れてはいけない1年。

そして働けること、お客様に来て頂けること、健康であること 「あたりまえ」の喜びを切に感じることの出来た1年。

言葉だけでも忘年会はやりたくない気分。

ずっとずっと忘れない1年。 

2011年は、良いことが ほとんどなく、悪いことばかりだった。

ここまで悪いことだらけだと、来年は絶対にいいことがあるはず。

ここまで悪いことだらけでも、今 会社も自分も ちゃんと生きていられる。

2012年に、良いことがないはずがない。

だから2011年は絶対に忘れない。

あと8日間。

この際だから、今年のうちに、ドンドン悪いこと起きちゃってくださいな!
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-24 08:27 | 仕事

冬フェス

e0069433_20114260.jpg

ローカルな冬フェス。

寒い&時々小雨。

楽しかったから、いいけどね。
[PR]
by boaboa16 | 2011-12-23 20:11 | 仕事