人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16

<   2019年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

頭上だけ晴れる!

先週土曜日の北海道は、大荒れ大雪の予報でしたが、、、新千歳空港に到着すると雪は止み こんな感じに。
e0069433_14450847.jpg
移動中もずっと頭上だけ太陽が、
e0069433_14453810.jpg
それまで雪&曇天だった札幌市内も、仕事場付近だけ青空が出ていました。
e0069433_14364183.jpg
天気予報はもちろん、こんな感じ。
e0069433_14365212.jpg
次の日も、とても気持ちの良い晴天。
e0069433_14372405.jpg
これが「晴れ神」たる所以です。

by boaboa16 | 2019-11-19 14:36

「だるま」の戦い方

e0069433_16033442.jpg
「店内撮影禁止です」

と貼り紙もないのに、突然店員から無愛想に言われた。

この1年、足が遠いていましたが、その店員さんの年齢より遥かに長い年月の30年近くこの店に通い続けて、とても気分が悪くなりました。

ちなみに私のiPhoneは海外仕様なので音もなりません。しかもバシャバシャ撮りません。

まぁバシャバシャ写メを撮る方が増えたので、撮影禁止にしたのでしょうが、ここのオーナーは北朝鮮の方で、昔から偏屈。

数年前まではスタッフは、女性のみ!日本人のみ!(本人が外国籍なのに)と断言。
と思っていたら、
数年前には男性スタッフが、、、と思ったら今年はスタッフはおばちゃん1人以外は全員ベトナム人。
まぁ時代の潮流に飲み込まれているのが良く理解出来ました。

ちなみにメニューも更に改悪?仕様に変更になっておりましたが、肉の質だけは相変わらず素晴らしい。

ここは昔から肉の味だけで何十年も商売をしてきているので、サービスグレードはどうても良いのでしょう。

これも飲食業の正解の良い実例ですね。

さすが老舗だるま!

そう言えば店内も改装されていたので、店員さんに「いつ改装されたのですか?」と聞いたら「???知りません」でした。
なるほど!撮影禁止は彼女(新しい店員さん)の「あたりまえ」な訳ですね。笑

by boaboa16 | 2019-11-18 16:02
e0069433_01325644.jpg
仲間の送別会。
若者よ!大志を抱け!

たいていの事は上手く行くものだ。
たとえ自らの選択に後悔したとしても、それもまた人生だ!


命ある限り、また歩き出せば良い!
きっと新しい未来がそこには待っているはずだ。

by boaboa16 | 2019-11-17 01:29

中小企業の良さ

出張。
e0069433_08583685.jpg
育児休業中に仕事をしても、所定の支給要件を満たせば「育児休業給付金」を受け取ることが出来ます。

私は我が社の社員の為に、身をもって実証実験し、我が社の社員がより豊かな生活を出来る道筋を示したいと思います。

中小企業には中小企業の良さがあるのです!

by boaboa16 | 2019-11-16 08:55

才能とは?努力とは?

男性でイケメン・長身・スポーツ選手なら、
モテモテでも誰も不思議に思わない。

女性でめちゃめちゃ可愛い・スタイル抜群(脚が長い、巨乳)・お肌ピチピチの十代なら、モテモテでも誰も不思議に思わない。
e0069433_03392774.jpg


しかし!
金持ちや有名人がモテたり、性格がめっちゃ良い人がモテたりすると、、、
オッサンのくせに、デブのくせに、チビのくせに、ハゲのクセに、ブスのくせに、ババァのくせに、、、、、その他諸々批判の的だったりする。

そんな批判をする人は、何か勘違いしていないだろうか?

「人を好きになる」原理原則は、「相手の才能」だ。

高身長、ルックス、運動神経は、誰もが「分かり易い」親から与えてもらった魅力の一つ。
若さは、誰もが持てる「時間」が与えてくれた魅力。
方や、
財力(自分の稼ぎ)、締まったボディ、勝ち取った名誉地位、人脈は、後天的に自らの努力などで備えた魅力。

つまり
見た目だけを見て馬鹿にする人間は、努力をすること知らない人種であり、
老いを馬鹿にする人間は、自分自身が老いて行くと共に生きる意味を見出せなくなるはずだ。
(実際には人は心が成長するので、一概には断定出来ないが)

イケメンがモテるのは当然、
金持ちがモテるのは当然、
有名人がモテるのは当然。

なら今モテない人で、モテたい人(彼氏彼女が欲しい人)はどうすれば良いのか?
答えは簡単。

「努力」すること。
努力を才能の一つと言う人がいる。
努力とは《今の自分自身を上回ること》だ。
漢字を見て下さい。※オリジナル解釈。
「奴」(日本人=自身)を力で、上に上げる。

努力は才能ではない。

努力は行為、行動だ。

自分自身を磨く。
勉強、運動、人とのコミュニケーション。

さぁ!異性は当然として、人にモテたいと願うなら、まずは自分自身が努力しよう。
そして、まずは自分自身が変わることだ。

他人の心は変えられない。
自分自身が変わって、相手を惹きつけるしか手段はないのだ。


by boaboa16 | 2019-11-15 03:23
恐るべしSoftBank。
e0069433_06104427.jpg

ある意味、日本企業会のブラックホールだな。

そして、まだYahooニュースにはならない。笑

by boaboa16 | 2019-11-14 06:09

ボランティア活動?

e0069433_02480056.jpg
今月から育児休暇中の私ですが、なぜか仕事量が増えています。

本当に謎です。

しかも当然「無給」。

誰かお金を下さい!笑

by boaboa16 | 2019-11-13 20:47

娘のおかげ

3年前から会社の薄利を削ってまでして福利厚生を更に手厚くした。
e0069433_01574143.jpg
そんなきっかけを作ってくれた娘の成長を祝おう。

彼女の影響で3年前から「家族手当」を手厚くした。
「一家の大黒柱が、人並みに家族の誕生日を祝えなかったら悲しいだろう」との思いからだ。

どんなに高収入方でも家族への優先度が極めて低い男性は多い。
だから私は《目的型手当》として「家族手当」を支給している。
もちろん、ほぼ全ての福利厚生は目的型だ。

お金を単に増額支給するのではなく(※実際にお金ですが)、私が常々考えているのは、社員に「機会」をプレゼントすること。
きっと同業他社の福利厚生の一番の違いはここだと自負している。

これからも目指す世界一の福利厚生。
最近は手厚い福利厚生を謳う飲食企業も増えましたが、似て非なるものだと私は考えています。

真の福利厚生世界一の飲食企業へ。
もちろん収入も業界水準の上位20%以上を確保しつつ実現してみせます。

by boaboa16 | 2019-11-12 01:57

挨拶のない社会はない。

まだ3歳にならない子供でも驚く理解度と大人の対応、そして我慢が出来る。
e0069433_07032447.jpg
そして経験や体験を通して、何をどうすれば解決するのか自分自身で探し出す。

私は学生時代から教育論を勉強して机上の論理を駆使して会社経営に携わって丸25年。

理論や理屈では理解していた事を、子育てをして3年目にして、それの確証と確信を得ている今日この頃である。

やはり人格形成や素行、思想の根本は、後天的に培われるモノであり、つまり「教育」が全てと云っても過言ではない。

つまり教育によって価値観は変えることは出来るのである。
これは大人も同じ。

しかし、ここで注意しなくてはならないことは「価値観」と「世界観」の違いだ。

いくら教育しても「世界観」だけは、その人個人の唯一無二の存在であることを理解しなくてはならない。
幼児だって中学生だって社会人だって、年齢に関わらず唯一無二の世界観を人それぞれ有している。

社会、人間関係において「それぞれの価値観を尊重すべき」と言う考え方があるが、私の見解は「価値観は必ず共有出来る」と考えている。
尊重すべきなのは「世界観」だ。
※もちろん一般論として解説する場合は「価値観」と説明した方がベターである。

この似て非なる「価値観」と「世界観」の違いを理解せずに、むやみやたらに教育しても、きっと上手く行かない。

これ以上は学術的そしてある意味哲学的になり、論文を書けるくらいの考察が必要になるので、ここで記すのは控えておく。

最後に私が我が社の社員に伝えてたいことは、
お互いを尊重し 目を見て話し合うことでしか問題は解決しないと云うことだ。

いくらLINEやメールで理路整然と講釈しても無意味なのである。

完結に言えば、
毎日の朝礼終礼、月一のミーティング。
それ以前に普段の営業中での何気ない会話、報告相談連絡を怠っていては「教育」の二文字には程遠いと理解しなくてはならない。

だからこそ、互いの目を見てする《気持ちの良い挨拶》をすることから始めようじゃないか!

by boaboa16 | 2019-11-11 08:01

生きていると辛い事もある。
生きていると悲しい事もある。
真剣に生きていると苦しい事が多くある。
そして人生は思い通りならない事の方が多い。

それを勘違いして、
「何で俺ばかり、私ばかり、こんな目に遭わなくてならないのか?」と挫けてしまう人が少なからず居る。
e0069433_12115063.jpg
でもね。
生きたくても生きられない人が居て、
そして、その亡くなった人の後ろには取り戻せない存在に落胆する人が大勢いるのだ。

それを実感出来た時から私は、
辛いこと悲しいこと苦しいことがあると、
「生きてるから、この境地から自身の努力で脱するチャンスがまだ残されている!」と思えるようになった。

死んでしまったら、現世において「無」だ。

喜怒哀楽全ての感情は生きているから「有」るだ。
だとしたら、そこに生まれる感情全てに生きている実感と感謝をし、有限である現世を天命が尽きるまで全力を尽くすことこそが、生を受けた者の意義なのではなかろうか?

そんな哲学的な物思いにふけながら、私は日々全力で生きること再び使った。あの日から。

我武者羅に生き、天命を全うする。
これにて「我が生涯に一片の悔いなし」ではなかろうか?

by boaboa16 | 2019-11-10 16:08