人気ブログランキング |

飲食 グルメ 経営 居酒屋 スキー など

by boaboa16
選んでくれてありがとう!_e0069433_05384091.jpg

久しぶり、跳ねた!

以前もこんな現象が起きました。
某会社のことを書いた時。

今回も同じタイミングなので、きっとそうだろうと分析していたら、、、で、もう一度ブログを確認してみたら、、、、
なんと、リンクが貼ってあった!なるほど!
さすが業界のインフルエンサーは読者の数が違いますね!

ちなみに誤解のないように書いておきますが、沖縄「みたのクリエイト」さんの店舗は、今でも我が社員の指定研修店舗です。
※必ず来沖の際は、様々な店舗に全社員を行かせています。

つまり「素晴らしい」と認めている数少ない飲食企業です。
それは、かれこれ10年近く変わっていません。

このブログを読んで下さっている我が社以外の飲食関係の皆様。

是非、沖縄に行かれた際は足を運んでみて下さい。
あの玉子焼きのシステムは凄いんです。

ちなみに このブログは、あくまで社内向けのメッセージです。
そしてブログを利用している理由は、「読みたい人だけが来れば良い」と考えているからです。
絶対に伝えておきたいメッセージは、SNSを使えば良いわけで。

ブログの良い点。
「興味がある人だけ、読んで下さいね!」と言う訳です。

我が社のモットーは、

チャンスは平等に!
選択は個人の自由!
同士には手厚く!(公平性)

今までも、これからも!

このブログを読んで下さったアナタ!
選んでくれてありがとう!愛しているよ!笑



# by boaboa16 | 2021-02-21 05:38
全ての答えは《現場》にある。

ふとFacebookを見ていると、少しばかり腹立たしい投稿を目にした。
私のスキーの知り合いは、世の中的には「ホワイトカラー」と呼ばれる方々が多い。

つまり、コロナ禍による収入減とは無縁の世界で住われている方々だ。
そう言う方々にとっては「自粛」とは正義なのだ。

以下、Facebookでの覗き見会話の一例。
全ての答えは《現場》にある。_e0069433_13475771.jpg

全ての答えは《現場》にある。_e0069433_11325259.jpg

全ての答えは《現場》にある。_e0069433_11325308.jpg

全ての答えは《現場》にある。_e0069433_21375776.jpg

社会から淘汰されてしまえ」とか「恐ろしくて、、、」とか「なりふり構わない、、、」とか。

彼らの認識はコレであり、きっと世の中の6〜7割が賛同するであろう意見だ。
別に否定するつもりもないし、気持ちが分からない訳ではない。

ただ逆の立場に立ったとして、同じことが言えるのだろうか?

●99%コロナウィルスの(意識的)脅威とは無縁の世界で生活している。※この場合、科学的根拠は関係ない。
●給与月額30万円のサラリーマンに、
「お前に月10 万円くれてやるから、2ヶ月間仕事休んで自粛してろ!」
「え?住宅ローンが毎月10万円あるって?そんな事知らねー」
「子供の養育費学費が必要?そんな事知らねーー」
「だって10万円あげるんだぜ!飯を食うのに困らないだろ!あとは、貯金でなんとしろ!それか町金融で金借りろ!」
これで納得出来ますか?笑

ちなみに法律では、社員には休業手当6割支給が義務付けされている。
つまり30万円のサラリーマンなら、会社から18万円を請求する権利がある。
そして法人とは、一人格と認められている制度だ。
ならば我々法人格は、国に対して休業補償として6割を請求出来るとは考えられないだろうか?

政府からは、居酒屋に対して休業同然の要請が出されているのだ。
であるならば、通常営業の最終利益に対して6割を支給すべきではなかろうか?
我が社にとっては月186万円とは、「家賃+社会保険料」すら支払えない金額だ。
サラリーマンで例えば、「住居家賃もしくは住宅ローン+町内会費」が払えない金額だ。

家計で言えば、真っ赤な大赤字なのだ。

こんな我が社にとって理不尽極まりない金額、でも方や一部では営業時間的に支給する必要のない零細食堂にまで一律186万円の給付を決めた大臣や知事は、きっと自慢げに高笑いしている。

私から言えば「アホですか?」で終わる。
だから我々は、そんな端金は受取り拒否して営業再開をした。

そして民意(お客様)に、その成否を問いた!
結果は、、、、
全ての答えは《現場》にある。_e0069433_11524556.jpg
感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝感謝の言葉に尽きます。

営業再開後、2週間で結果を出すと宣言していたので安堵の気持ちもある。

そして我がスタッフ一同の決意に敬意を示したい。

我々は勝つ!
コロナでもなく、世論でもなく、行政に必ず勝つ!

夜メインの大手外食企業は倒産危機なのです。
全ての答えは《現場》にある。_e0069433_13484629.jpg



# by boaboa16 | 2021-02-20 13:46

ノーコメント

ノーコメント_e0069433_03541260.jpg
某「みたのクリエイト」の店舗視察。

最近は、味のブレ感を感じる。
どうも社長ブログを拝見していると、若年層をターゲットにしているようだけど、それにしても「味が濃い」いや、、、「味が濃過ぎる」笑

これがスタンダードだと、内地でのFC展開は失敗に終わる可能性が高いと感じるが、、、、

しかもFCGが、串カツ田中。
味に関しては、、、、

上から目線の「ノーコメント」です。笑

# by boaboa16 | 2021-02-19 22:53

賢くなるな!

賢くなるな!_e0069433_21122656.jpg
水族館を貸切(状態)。

そんな夢のような話。

コロナ禍だから出来ること。
誰にも迷惑掛けず、むしろ感謝される。

自粛(が正義と勘違いしている人)だって、結局は自分自身の為。
※自身に関わる人の為=自分自身の為。
何を隠そう、自粛派の人間だって、日本の為でもなく他人の為でもなく、ただ自分自身が可愛くて我慢しているだけだ。
※世間の目が怖い=これも自分自身の為。

他人の為に、自己犠牲を払っていると豪語出来る人は、全財産を恵まれない方々に寄付して下さい。
決して話をすり替えている訳ではない。

それと「医療従事者の方々ありがとう運動」
これも気持ち悪い。

インフラ全般を支える人ありがとう!だし、
警察の方々ありがとう!だし、
自衛隊の方々ありがとう!だし、
結局、皆んな それぞれの役割や仕事を果たしている訳で、誰が偉いとか、誰が素晴らしいとか、誰が苦労しているとか、それを比べている時点で差別的な考えだと自覚すべきだ!

私から言えば、
飲食店従事者ありがとう!と同じだ。 

と私が言い放ったところで、世の中の95%は否定するだろう。
それは、それで良い。

それが島国ニッポンの良いところでもある。

結局何が言いたいかと言えば、
横並び大好き日本で、賢く生きる術は、
「人目を憚(はば)って人と違うことをする」
これに尽きる。

大切はことは
「人目を憚らず」ではなく「人目を憚って」。
つまり、、、
「上手く立ち振る舞え」ってことです。笑
一番やってはいけない行為、それは喧嘩なのだ!




# by boaboa16 | 2021-02-18 21:12

最高でした!

教えてもらったミニミニ動物園
最高でした!_e0069433_21551333.jpg
入場無料
最高でした!_e0069433_21551628.jpg
どデカいシュークリーム140円

最高でした!

ちなみに平日でガラガラかと思いきや、、、大繁盛!
素晴らしい!

# by boaboa16 | 2021-02-17 21:54

太陽遭遇率

太陽遭遇率_e0069433_22545762.jpg
今年の目的地の空港到着時の太陽遭遇率は100%。

例え大雪予報でも、雨予報でも、曇り予報でも。
本日の朝の時点で、曇り予報でしたが、、、《晴天》

脚色ゼロ。

# by boaboa16 | 2021-02-16 22:54

次はどこなのだろうか?

次はどこなのだろうか?
次はどこなのだろうか?_e0069433_05111371.jpg

三光マーケティング?
グローバルダイニング?

ワタミはまだ大丈夫だとは思う。

いやいや、そんな他社の心配をする暇があったら、我が社も倒産しない場所まで逃げ切れる努力をしなくてはならない。

絶対に倒産だけはしない!と言う自信はあるが、絶対なんて二文字は存在しないのだから、逃げられる場所まで逃げる。

まさに「逃げるが勝ち」
その「逃げる」為に、我々は営業再開をしたのだ!

大津波が来ているにも関わらず、沿岸で待機している方々。
私には理解出来ません。

そして、それを指示する行政には怒りしか感じません。

# by boaboa16 | 2021-02-15 22:10

社会主義国家の中で

社会主義国家の中で_e0069433_15330992.jpg
いちご狩り。

定番中の定番。も、人によっては未体験。

きっと我が社にも、数人の未体験者がいるだろう。

今年も海外には行けそうにはない。

社員やその家族達とのハワイ旅行も、来年以降になりそうだ。
ならば、その状況下で私が今できる事を考えてみた。

まだまだ、人生の多くの「きっかけ」をプレゼント出来るはずだ。

私、我が社が出来ること。
それは「小さな幸せ」や「人生の転機」に関わること。
今、私が感じている使命だ。

その使命を果たす為には、この会社を守らねばならない。

法律が我々を傷つけようとするならば、我々も法律を盾に戦うしかない。

しかし、それによって決して血を流すことは絶対にしない。

我々が欲しいのは「時間」だけなのだ。
時間を手に入れる為に法律を利用する。

頭の良い人には、頭の良い人を味方に付ければ良いだけ。

目には目を。
歯には歯を。
法律には法律を。

一つだけ確かなことは、政治権力に喧嘩を売っても無駄死にするだけと言うことだ。

日本は、民主主義国家などではない。
世界一成功した社会主義国家なのだから。

# by boaboa16 | 2021-02-14 15:32